かき氷でも神様の愛、詰まってる

自分は神様の子供であるということを知っていたけれど、今日改めて、礼拝で、その真理の偉大さに感動させられた。

あなたがたは、もはや奴隷ではなく、
子です。子ならば、神による相続人です。
ガラテヤ4:7

全能の神である私が、ゆたかのパパだから、
何があっても大丈夫だよ。大好きだよ。

と、語ってくださって、安心感に包まれた。
将来の事だったり、経済的な必要の事だったり、ほんまにこれで大丈夫なんかなって、考えるときもあるけれど、そして心配したりするときもあるけど、だけど全能の神様が自分の本当のパパであって、愛してめっちゃ良くしてくださるんなら、最強すぎると思った。

全能の神様の子供であって、しかも相続人でもあると、聖書には書いてある。
相続人ということは神様のものを受け継ぐ子ども。神様の無限の富と、神様の無限の愛と祝福と。恵みと。栄光と。
神様のすべてを受け継ぐ者。
なんという身分を与えられているのだろうか。普通に考えてみたら、超ヤバイことを話してる。全宇宙を支配する神様の子供であるなんて、やばい。

子どもって、親からめっちゃ愛されてる。何かできるから愛するんじゃなくて、何もできなくても、親はその子を愛してる。生まれた時から。そして、食事を与え、服を与え、お小遣いを与え、良いもの、子どもにとって最善と思えるものを与えたいと心から願い、育てる。教育して、習い事させたり、いろいろ経験させてあげたり連れて行き時間を過ごし、子供を楽しんで喜んでる。

だけど、僕らが神様の子供と言うのならどうだろうか。
神様は僕らの肉親の親よりもヤバイ。デカイし。お金持ちだし、強いし、なんでもできるし、無限のお方。力と栄光と愛と、とにかく肉親の親と比べたら比にならない。ぶっ飛ばしてる素晴らしさ。完璧な親。そんな神様が、愛してる子供だといってる。僕は神に仕える奴隷ではなくて、神の子供であることを気付かされた。親の愛に浸って依存して行きてる子供。

親のために何か良いことをすごいと言われることを必死に歯を食いしばって辛そうに、奴隷みたいに頑張る子供より、

親の愛を受けて「ぱぱ!!あそぼ!!!」って、何度も笑顔見せて笑って、親と遊んでくれる子供の方が、ずっとかわいい。

そんな感じで神様も、子供たちが頑張ってやるんじゃなくて、パパー!!!!って。笑顔見せて楽しんであそぼ!!って、いってはしゃいで引っ張って飛びついてくる子供のほうが、好きなんだと思う。

愛されている神様の子どもとして、
神様のために頑張るんじゃなくて、
リラックスして、ぱぱ!!って。
ぱぱの愛の中で生きる神の子として、
歩めるんだ。

今日、大学の前でホタルの観察会みたいなのを開催していて、屋台が出ていた。そして、そこに、美味しそうなかき氷が売っていた。
僕はめっちゃ食べたかったけど、最近はお金を節約してるから、食べないほうがいいな、と思った。だけど、神様に、
「ぱぱ、かき氷食べたいなー」と祈ってみた
そしたら、「ゆたか、食べていいよ!」って。「でも、お父さん、ゆたか、節約してるんですよ、あんまりお金使いたくないんです」と言うと、「いいの、私のおごりだから。私がゆたかに食べさせたいの、何が欲しい?」と。「それじゃ、かき氷食べたい!!」と言うことで、ぱぱに、かき氷をかってもらった。あー、うまかった。
ハワイヤンブルーしかも、なんか、その屋台のおじさん気前良くて大盛り入れてくれそうで、なんか、すっごく気分良かった。良くしてくれるなぁ神様って。何から何まで細かいこともぱぱは、最高に良くしてくれる。

この方(イエスを)受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。この人々は、血によってではなく、肉の欲求や人の意欲によってでもなく、ただ、神によって生まれたのである。
ヨハネ1:12,13

そして、あなたがたは子であるゆえに、神は「アバ、父」と呼ぶ御子の御霊を、私たちのこころに遣わしてくださいました。
ガラテヤ4:6

天のお父さん。あなたの子どもとしてくれてありがとう。ますますあなたの愛の中であなたと喜び楽しませてください。ますますますますあなたの愛を教えてください。そして、聖霊様がますますますますお父さんの愛のこと教えてください。そして、お父さんの子どもとしてあなたの愛の中で永遠に生かしてください。イエスの御名でお願い致しますアーメン。
スポンサーサイト

靴の中びちょぬれでも、神様は良いお方。

「まじかーーー!!」
今日大学から千葉ニュータウンの駅へ向かおうとしたら雨が、ザァァアって、降っていた。

自転車で駅まで行くと10分で行けるのに、歩いて行くと30分くらいかかる。しかも、雨がめっちゃ強い。でも、今日はどうしても行かないといけないので、傘さして歩いて行く事にした。なんで雨なんだよ!って、思ったけど、でも、神様は良いお方。みことばがまた、心に御霊が思い起こさせてくれた。

神を愛する人々、すなわち神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。ローマ8:28

雨が激しくて、横風も強くて、水たまりもいっぱいあって、僕の大切な靴も水が足の中まで浸透してきて、靴下もびちょぬれになってめちゃくちゃ気持ち悪くて、最悪の気分だって。そして神様に、「神様、さすがにこの事については感謝できないです、だって足が気持ち悪すぎるもん」って。
だけど神様の御心なら、この足がビチョビチョで気持ち悪いカンジも、感謝するように聖霊様が造り変えてくださいと、祈ってみた。
そしたら、なんか、感謝できた。
その心を聖霊様が与えてくれた。「この最悪なビチョビチョの足の中に入ってる水も感謝します!笑笑」
そして、そのまま歩いて駅を通り過ぎて、イオンモールに買い物したいものがあって行ったのだけど、「この足、どうにかならないですか?」と、神様に祈った。そしたら、「買ったらええやん」と。

その瞬間、ビーチサンダルを買おうとしていたことを思い出した!
学童で水遊びをしていたら、ビーチサンダルが壊れてしまったので、新しいのを早急に買いたいなと思っていたのだけれど、すっかり忘れていた。
だけど神様が、今日の雨によって豊の足をビチョビチョにして、ビーチサンダルを、買おうとしてたことを思い出させてくれた!


もし、雨が降ってなかったら、また、ビーチサンダルを買うことを忘れていたと思う。そして、この、雨を降らせて豊の靴の中を水浸しにして気持ち悪かったことも益として神様が変えてくれた!!!と思った。
神様はいつも良いお方。最高のパパ。

すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられる事です。
Iテサロニケ5:19

全ての事についてますます感謝して歩む者へ聖霊様が造り変えていてください。
イエス様の御名でお願いしますアーメン。

人知をはるかに越えるキリストの愛まじやば!!


わたしの目には、あなたは高価で尊い。
わたしはあなたを愛している。
イザヤ43:4

神様はどれくらい僕を愛しているのだろうか。神様は今僕のことをどう思っておられるのだろうか。神様の愛をもっともっと知りたい。きっと、神様の愛を完全に知る日が来る。人知を超えたキリストの愛を知ることが出来るようにってパウロは祈っていたけれど、僕も人知を超えるキリストの愛を知りたい。人が理解できるレベルを超えてる愛。
超ヤバい。僕が考えられる限りの、愛を考えてみると、イエスさまが今ここに僕の目の前に立っていて、僕をキラキラした麗しい瞳で見つめてくれていて、僕の存在をあまりにも喜ぶあまりになんか、ニヤけてる。イエスさま。そして、いきなりイエスさまは、僕のことを歌い出す。「ゆーたか!大好きで、たまんないーーー!!♪ヤバイヤバイ!最高のわたしのーゆたかーー!♬」みたいな、ぶっ飛んでる、なんか恥ずかしくなっちゃうみたいな、照れちゃって、だけどなんか、めっちゃイエスさまの愛が僕の心にズキュンときて嬉しくてなんか、むずむずしてくるかんじ。笑笑 そして、僕のほっぺを手で触って、わたしが造った、わたしの傑作!!って。なんか喜んでくださってる。そして、隣りにいてくれて、今僕はバスに座って書いてるんだけど、隣りに子供とおばさんが座ってるけど、ここに、イエスさまが座っていて、僕のことを絶えず気にかけて、尊く想い、何でも話をニコニコしながら喜んで聞いてくれる。そして、めちゃめちゃおもしろい!永遠に愛してる、永遠に離れないよって、言って僕に聞いてくれるんだ。「ゆたか、なんかほしいものとかある?」って。与えたくてたまらないから、イエスさまは一緒になって天のお父さんにお願いしてくれる。最高のイエスの御名を使わしてくれて。そして、天のお父さんも今リアルにここにいる。右にイエスさま、左に天のお父さん。ありえないような存在。あまりのなんていうか、言葉にできないような栄光の重圧で僕の心は溶けちゃいそう。「愛するわが子よ。」って話しかけてくれて、天のお父さんは僕を完全な義人だと宣言する。それは、イエスを僕にくれるくらい愛してくれて永遠の愛で愛してくれたから。そして、イエスの贖いで、僕は義とされてる。完全な天のお父さんと、最高の愛の関係。最高の息子。愛する息子。って、呼んでくれて、この世界一絶大な偉大なお父さんの栄光のために生かしてくれる。やばいやばい。僕の想像できる愛の限りを書いてみたけど、そんな考えられる限りの愛を超えてる愛。人知をはるかに超えたキリストの愛。僕の想像は、人知の限りだけど、神様の愛は、人知をはるかに超える愛。僕が理解できる、想像できる、考えられる限りを超えてる。そんな愛で神様は愛してくれてる。やっばい!もっと知りたい。
パウロは、こうして神ご自身の満ち満ちた様にまであなた方が満たされますようにって、祈ってるけど、神様のイエスさまの、満ち満ちた様にまでその愛で満たされる事ができるってことだよね。僕はイエスさまの満ち満ちた様にまでその愛で満たされたい。本当にすごい人知を超えるキリストの愛で、イエスさまご自身の満ち満ちた様にまで、満たされたい。そして、もっともっと、愛したい。心を尽くして、思いを尽くして、力を尽くして、神である主を愛して。そして、この、今晩も、今週も、生きたい!!!
いぇい!イエスさま最高!!はれるやはれるや!感謝します!フーーー!!!!ぶっ飛んでる恵み、ヤバイヤバイ神様の愛、このブログを読んでくださった、神様の目に尊い最高のあなたへ。神様の恵みが今日も、永遠に満ち溢れますように。人知を超えたキリストの愛を知る事ができますように。そして、イエスさまの満ち満ちた様にまで、満たされますように。主に感謝します。はれるーや!😄❤️😍


どうか父が、その栄光の豊かさに従い、御霊により、力をもって、あなたがたの内なる人を強くしてくださいますように。こうしてキリストが、あなたがたの信仰によって、あなたがたの心のうちに住んでくださいますように。また、愛に根ざし、愛に基礎を置いているあなたがたが、すべての聖徒とともに、そのひろさ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解するちからを持つようになり、人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように。こうして、かみごしみちみさまにまで、あなたがたが満たされますように。
エペソ3:16-19

今日公園で神の国とその義求めて、体験したこと。

今日は、朝教会の祈祷会に行った。その後で、午後歯医者さんに行ったのだが、
祈祷会の後に歯医者さんまで、2時間くらい時間があった。歯医者さんの予約は4時20分。
そして、自分に2時間ほど自由な時間があった。どうやってこの時間を過ごそう?!
神様に祈ったり本を読んだりして最高の時間を過ごそうと、僕はスマホのマップでカフェを探した。
だけど、あんまりいいところが近くになかったので、歩いて公園に行くことにした。
緑の木々に囲まれた公園で、太陽の光が差し込んできていた。鳥の鳴き声とひんやりした空気。
素敵な自然に囲まれて、ベンチに座る。さて、どうしようか。
スマホを見ると溜まってきてた通知があった。開封して返信して、そのノリでフェイスブックのタイムラインを見ていたら、どんどん時間が過ぎて行って、1時間も経っていた。
なぜだか僕の心はめちゃくちゃ虚しくなった。神様の御霊に従って歩まず、肉に従って歩んでいる気がした。そして聖書に、「御霊を消してはいけません」と言う御言葉があるのだけど、
心のうちにおられる御霊を、聖霊様を、消してしまっていた。心のうちにおられる主の声を聞かずに、自分の心の願いに従って歩む時の虚しさ。こんな虚しい思い、したくないと思った。
神様のために生きたい、神様を愛したいと、心から願っていても、
実際に自分の肉の思いに従って歩み、虚しい心でいる自分の弱さに、失望した。
「虚しい心で歩んではいけません」と言う御言葉がある。だけど、そう、僕は、虚しい心だった。
そして、悲しかった。神様に、心を注いで、スマホのメモに自分の弱さを愚痴った。
そして「神の臨在をもてなす」と言う僕の最近読んでるめっちゃいいビルジョンソンの本を取り出して読むと、そこには、「神の国とその義とを、まず第一に求めなさい」とあった。
その本には、イエス様の教え、生き方、使命は全てマタイの福音書5章ー7章の山上の説教にあると書いてあった。そして、イエス様は、何よりも、「神の国とその義を求めるように」と言っておられることが書いてあった。イエス様は、何よりも、神の国を求めるようにと。

神の国は、義と聖霊と、平和による喜びだからです。

イエス様の贖いによって、義とされ、聖霊が心のうちにおられて、父なる神様との平和の関係を持って神の子として親しい愛の関係を神様と持っていつも生きて欲しい。
何よりも、何よりも、神様と親しい関係を、持ってそれを求めて、
生きて欲しいとイエス様は願い、一番に求めるように、教えられて、
「神の国とその義とをまず第一に求めなさい」と言われた。
その本を読んでいて、僕は、それを、求めようと思った。公園の遠くのベンチにおじさんが座ってたから、おじさんがどっか行ってしまった後に、公園のベンチの下の、地面に頭をつけてひれ伏した。
そして「神の国とその義をください」と祈った。そして求めた。そしたら、超絶虚しかった心は
いきなり言葉にいい尽くすことのできない平安に変えられた。
神様の与えたくださるその義。イエス様の贖いと、神様の恵み。
そして、神様の愛する子供であるという真理。平和。僕の心に、御言葉が、こだました。

全ての人は罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、ただ、神の恵みにより、
キリストイエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。

義としてくれる。。。

恐れるな。わたしはあなたと共にいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。
わたしはあなたを強め、助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。恐れるな。
わたしがあなたと共にいるからだ。

共にいてくれる。。。

その方は真理の御霊です。その方はあなたがたのうちに住み、あなたがたと共におられるからです。

聖霊が共にいてくれてる。。

あなたの神主は、あなたのただ中におられる。救いの勇士だ。主は喜びを持ってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与える。主は高らかに歌って、あなたのことを喜ばれる。

イエス様が、僕のうちにいて、喜んでくれて、歌ってくれてる。。。

事実、私たちは神の子です。

神様の子供。。。

愛する子よ、豊、愛してるよ。贖ったよ。
わたしは共にいるよ。って。

その声が、心の御言葉を通して囁き、僕の魂は慰めと励ましを受けて立ち上がった。
最高の平安と最高の神様の臨在が僕の心に来た。
神の国とその義。。。
もっともっと、いつもいつも、それを求めるものでありたいと、今日改めて強く教えられた。

「神の国と、その義とをまず第一に求めなさい。」
マタイ6:33

神様は僕たちと交わることを熱望しておられる。
神様は僕たちと話したくてたまらない。

私は、私の愛する方のもの。あの方は私を恋い慕う。
雅歌7:10

いのちを捨てて愛し、恋い慕ってくださっている、歌ってくれて、喜んで楽しんでくれる
イエス様は僕らのただ中におられ、永遠に離さない。


愛は死のように強く、ねたみはよみのように激しいからです。
その炎は火の炎、すさまじい炎です。
雅歌8:6

わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。
ヘブル13:5


永遠の愛で愛されている

12月26日

永遠の愛を持って、わたしはあなたを愛した。
それゆえ、わたしはあなたに、誠実を尽くし続けた。
エレミヤ31:3


今日は、そんなに何にもできない一日だった。
やりたいこともあったけれど、家の家事とかやってたら、午前中もぶっ飛んじゃって。
だけど、僕の心は飢え渇いて、裏山の森へ、昼前に入っていった。
木々に囲まれ、忙しく、うるさい我が家から離れた森の中で一人、静まる時間。
主を待ち望む時、それをすることによって、僕の心は満たされていく。
心にはメーターがついていて、それは、愛のメーター。
毎日時間が経つにつれ、何か出来事があるにつれ、僕の心にある愛のメーターは、減っていく。
どんどん、乾いたスポンジのようになっていく。僕の心は、神様以外の何物も、満たすことはできない。
今日は朝起きて、ちょこっと祈って、すぐに着替えて、顔洗って、食事食べて、家族で賛美と聖書読む時間持って、
ウルトラハイパースーパー汚い家を、掃除機かけて、片付けたりしていたら昼の12時くらいにもなってしまった。
そんなこんなで、僕の心のメーターは、本当に減ってしまって、神様に、トイレで祈った。
「あなたと時間過ごさせてください」って。
そしたら、「そと、行こうよ、一緒に過ごそ、豊と過ごしたいんだ」って。
神様は、僕の心の中に、聖霊様を通して心に語りかけてくださる。
それで、僕は、森の中へ行った。静寂に包まれて、小鳥のさえずりを聴きながら、ひんやりとした空気の中で、
僕の造り主であり、僕を愛してくださっているお方と、過ごす、最高の時間。
その時は、貴重で、僕の心に神様は、囁き、語りかけ、慰め、励ましてくれた。
そして、僕の心の愛のメーターは、どんどん、神様の聖霊の語りかけによって、満たされていく。
聖霊様は、聖書の、御言葉を思い起こさせてくださる。そして、その御言葉を、教えてくださるお方。
僕の心に、その、聖書のみことばを、語りかけ、その御言葉の意味を、教えてくださる。
今日、僕の心に残っていたのは、僕は、救われているのかということ、
確かに神様は、御言葉で、救ったとか、義とするとか、罪を赦したとか、何回も語ってくれているのだけれど、
僕の心は、自分の罪深さを感じていた。本当に、自分は神様から完全に許されていて、完全に、きよいものだって、心の底から確信したい、神様の義を本当に、味わいたいと、心から思った。
自分は、聖書のみことばを、信じれていない気がした。

すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、ただ、神の恵みにより、キリストイエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。  
ローマ3:23,24

この御言葉によると、ただ、神様の恵み、そしてイエス様の贖いで、義とされることが書いてある。
だけれど僕は、この御言葉を信じたくても、信じれていない気がして、どうかこのみことばを信じる信仰をくださいと願った。神様の恵み、イエス様の贖い、神様が、僕に与えておられる義とは、どれほどのものなんだろうか。
完全な、神様の義を欲しい。完全に、神様の御前で罪のないものとして、完全に、神様の前で、近く歩みたい。
神様との平和の関係を、求めて祈った。完全に、愛されている子供であるという真理で生きたくて。
僕はすぐ神様の子供であるという真理を、忘れてしまう。そして、神様から罪を赦されているということも。
すぐに自分の罪深さを深く思い起こしては、どうしようもない自分に悲しくなる。
だけど、神様は、僕に対して何を言われるのか、僕をどのように思っておられるのか、
それは、ただ一つなんだ。そのことを神様は今日僕に、教えてくださった。

永遠の愛を持って、わたしはあなたを愛した。
それゆえ、わたしはあなたに、誠実を尽くし続けた。
エレミヤ31:3

永遠の愛を持って、愛してくださっている。どんなに、僕が神様からの真理から、離れてしまっても、いつでも、24時間、神様は僕のことを、永遠の愛で、変わらずに、愛してくれている。そしてすぐに、赦してくださる。
その、イエス様の贖いのゆえに、僕の罪はもう、すでに処理してくれたんだ。
イエス様は、どんな贖いをしてくれたのか。僕の罪のために、イエス様は十字架で死んでくれた。
イエス様は、僕の罪を十字架で、すべて受けられた。両手を、両足を、僕の、今までした、そしてこれからする罪を赦すために、打ち抜かれ、苦しみを味わわれた。真っ赤な赤い血がイエス様の手と足から、流れ落ちた。そして、父なる神様からも見捨てられた。そんな苦しみを、喜んで受けてくださった。なんで。
それは、僕の罪を、赦すためだったんだ。僕を赦したくて、僕を神様の子供にしたくて、
僕に永遠の命と喜びを与えたくて。僕に、愛を示したくて。イエス様は、僕の、今、抱えている罪悪感も、弱さも、すべて知ってくださって、それでも、僕を赦して、心に平安を与えてたくて、そして、僕の心を、神様でいっぱいにしたくて。
その、永遠の、人知をはるかに超えるキリストの愛で、僕の心を満たしたくて、僕の心のゲージを満タンにして、
そして、ありえない言葉にできないような神様の永遠の愛に包ませて、僕の魂を喜びで溢れさせたくて、
神の愛する子どもとして、神様の最愛の息子とするために。そのように、神様は僕を、見てくださっているんだ。
神様は、イエス様は、僕を、どうしようもなく、愛してくれた。そして、その愛で僕を絶えず満たし、喜びと感謝と、賛美で溢れさせてくれる。そして、他の人にも、その愛を持って、愛するように、神様は、僕を満たしてくださる。
神様は僕の渇いた心を満ち溢れさせてくださる。ありえないような、永遠の愛で、いっぱいいっぱいにして、家族や、友達を心から愛する心を、与えてくださる。そして、僕が神様から愛を受けとると、神様は言われるんだ。

わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めです。
って。そして、イエス様が僕を愛したようなすごい、愛する心が、僕にはない。
僕には、愛のかけらもないのだけれど、神様に、その愛を与えてください、あなたが愛してくださったように、愛させてくださいと祈ると、神様は、その心を与え、どのように行動して愛を示すべきかを、教えてくださる。
そして、僕は、今日、家族のために祈っていたのだけれど、弟がさっき、
「ゆたか、今暇?一緒にポケモンカードしない?」」と言っていたのを思い出した。
僕はやりたくなくて、メンドクセーと思って、さっきは、「ゆたか、忙しいんだ」と言って済ませていたのだけど、
神様が彼とポケモンカードをすることによって愛を示しなさい、と、語りかけてくださったので、僕は家に帰って彼に言った。「今、暇?ポケモンカードしない?」って。
そしたら彼は、「おーーー!!!やった!!」と大喜びして、布団に入っていたのだけど、這い出してきた。
彼と一緒に、久しぶりポケモンカードをして一試合終わると、今度は妹がそれを見て、「やりたい!」とか言いだしてきた。まじかーーーと思った。正直言うと、めんどくさかった。だけど、神様に、どうしたらいいですか、と聞くと、
神様は、一緒にやりなさい、愛しなさい。って。そう言うもんだから、妹と一緒にやった。
僕は、何のために生きているのか。何のために、時間を今日、使っているのか。
それは、神様が願っておられることのために、すべての時間、本当に使いたい。
だけど、ちょっと、スマホ見たりしてメールとか返してると、あっという間に、1時間とか、2時間とか過ぎていって、
どうでもいいことに時間を費やしてしまったな、とか、罪悪感を感じる時がよくある。今日も、そうだった。
妹とカードした後に、メールやってたら、そのノリで、あっという間に、時間は、過ぎていくんだよね。
本当に大切なこと、いつまでも残るもののために、時間を使いたい。

いつまでも残るものは、信仰と、希望と、愛です。その中で一番優れているのは、愛です。

いつも、愛によって生きたい。いつも、すべての時間、神様を愛し、他の人を愛するために、使いたい。
自分のために、無駄に時間を使いたくない。でも、僕自身では絶対そんな高貴な、行いは、できない。
だけど、僕が、神様にすがってお願いすると、神様は愛でいっぱいにしてくれる。
そう、いつも、いつも、神様の願われているように、歩みたい。
僕では、できないけど、いつも、イエス様の十字架の、圧倒的な愛を、永遠の愛を、知りたい。
その愛で、いつも満たされ、いつも、その愛により、他の人を愛し、神様の御心を行なって生きたい。
僕は、主のもの。主の贖われた、主の民。神様の子。神様の、大切な、大切な息子であること、その真理、
その愛のうちに、いつまでも、生き続けたい。そんな感じで、今、家のリビングでソファーに座りながら、夜の12時ごろ、このブログを書いてたら、隣にもう一人の妹が座って、「本当にいつもありがとう、愛を、ありがとうって豊が一人の時に言いたくてさ」といってくれた。僕には全然愛がなのだけれど、神様に彼女のことを祈ると、神様は彼女のことをどれほど愛しているのか、そして神様は、彼女に何をしたいのか、教えてくださる。そして、神様が言うとうりにすると、神様は、本当に、力強く働いて、素晴らしいことを、神様ご自身の愛を、僕を通して、伝えてくださっていることを、感じて、体験しています。本当に、なんてすごい、ことのために生きているのだろうか。なんてすごい使命を与えてくださっているのだろうか。そして神様は、どれほどまでに、僕を愛してくださっているのだろうか。
僕は、この神様は、今、この瞬間も、生きて動き、働いていることを知っています。
心から、愛する最高の神様、最高の、最高のイエス様、聖霊様、心の底から、この素晴らしい、素晴らしい、偉大な、
全宇宙を支配する、まことの神、王の王、主の主であられる、愛と恵みとまことに満ちた、祝福の神、
全能の万軍の主、永遠の愛で愛してくださって、今、この瞬間も、僕を見つめて恋してって愛してくださっている、
僕を喜び楽しんで、僕の罪を赦すために、喜んで、命を注いで愛してくれた、イエス様、僕の王なる神を心から、心から讃え、崇め、賛美します。とこしえから、とこしえまで、ほむべきかな。その栄光の御名。アーメン。アーメン。
ハレルヤ!!!!!!!!!!!!!!!!!フーーーーーーー最高の最高の、主!!!!
全てに、感謝します、パパ、イエス!!!!!!!I love you!!!!!!!!!!!!!!!!!!


永遠の愛を持って、わたしはあなたを愛した。
それゆえそれゆえ、わたしはあなたに、誠実を尽くし続けた。
エレミヤ31:3


わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めです。
ヨハネ15:12


私は、私の愛する方のもの。あの方は私を恋い慕う。
雅歌7:10


彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。
彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちは癒された。
イザヤ53:5


ですから、信仰によって義と認められた私たちは、
私たちの主イエスキリストによって、神との平和を持っています。
またキリストによって、いま私たちの立っているこの恵みに信仰によって導き入れられた私たちは、
神の栄光を望んで大いに喜んでいます。
ローマ5:1,2


恐れるな。わたしがあなたを贖ったのだ。
私があなたの名を呼んだ。
あなたはわたしのもの。
あなたが水の中を過ぎるときも、わたしはあなたとともにおり、
川を渡るときも、あなたは押し流されない。
火の中を歩いても、あなたは焼かれず、炎はあなたに燃えつかない。
わたしが、あなたの神、主、イスラエルの聖なる者、あなたの救い主であるからだ。
わたしは、エジプトをあなたの身代金とし、クシュとセバをあなたの代わりとする。
わたしの目には、あなたは高価で尊い。
わたしはあなたを愛している。
だからわたしは人をあなたの代わりにし、
国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。
恐れるな。わたしがあなたと共にいるからだ。
イザヤ43:1-5


めっちゃ弱いけどめっちゃ強い

今、新宿行きのバスに乗ってる。
今週の一週間、飛ぶように過ぎた。
主はどんなに弱い僕も、使ってくださる。
僕には、保育園の時からの、幼馴染の大切な友達がいて、どうしても僕の心の底から愛するイエス様を紹介したいと、願っていた。
だけど、勇気もなくていつも、最高のイエス様を伝えれない自分に落ち込んでいた。
そんな中、僕は12年住んでいた三重県の桑名市から大阪の能勢に引っ越して、それから今は、大学のある千葉県の印西市に移っていってた。桑名を離れて3年経って、久しぶりに昨日、懐かしい、故郷のような地、桑名に来て感動してた。
3年前、この公園で野球してたなぁとか、思って。友達とそこで野球したりした。

そして僕は、秋休みで、一週間あった。この一週間、僕は一人旅でもしたいと考えていた。
イエス様とゆっくり、一週間のデートをしたいなぁとか、色々考えてた。だけど、祈ってたら、桑名に行きたいという思いが来た。
心の底から愛する友達に、イエス様の素晴らしさをどうしても紹介したいと思った。そして神様が、何よりもそれをしなさいと、僕の心に言っている気がした。なので僕は秋休みに桑名の友達の家に行くことに決めて、バスチケットを予約して、行った。
まず初めは、神奈川の友達の家、東京の友達の家に泊めてもらって、それから静岡の友達の家に行って、それから行った桑名。
この旅に出る前に、教会の祈祷会や、クラスの祈祷会、祈りのリクエストをシェアできる機会があれば僕は、この桑名に住んでいる、僕の大切な二人の友達がイエス様のことを知ってもらいたいと、そのことをいつも祈ってもらっていた。
そして実際に桑名に行ったのだけれど、僕の心は感じていた。自分の恐れと、自分の勇気のなさをね。
僕は心の底から、この愛する友達にイエス様のことを伝えたいと思っていたのだけれど、僕は自分ではできないのを感じていた。
桑名に行って1日目に行った友達の家で、夜寝る前に話したいと思っていたのだけれど、話せなくて朝になってしまった。
僕は愛する兄弟に、祈りのリクエストを頼んだ。僕はちょっと焦ってた。伝えれなかったらどうしようと。
そして、朝起きて、トイレに入って神様に祈った。そして聞いた。どうしたらいいかわかんなくて、助けてくださいって。
そしてら神様は「大丈夫だ。私がすごいことする」って。そして食事の時に彼に神様が話させてくださった。
その後、めっちゃ感謝だった。最高の愛する友達と過ごせて、最高のイエス様が彼を愛してる真理を伝えれたこと。
僕の心は喜びでいっぱいだった。


そしてその日の夕方からはもう一人の愛する友達の家を訪ねた。彼が大学から帰ってくるのは遅かったのであまり話せなくて。
そして自分は疲れてしまっていた。だけど、1年ぶりにあったその友達といれるのは、本当に嬉しかった。
そして僕は、トイレに入って祈っていた。僕は、自分では伝える勇気がない。僕は、イエス様のことを話したくてしょうがないのだけれど、僕の心には、心配があった。泊まりに来たけれど、僕はイエス様のことを話せないで帰ってしまうのではないかと思った。
そしてまた、愛する兄弟に、お祈りをお願いした。僕は、イエス様を愛している。そして伝えたい想いは溢れている。そしてその友達を心の底から愛していて、どうしても、どうしてもこの最高のイエス様のことを知ってもらいたいという想いが溢れていて、今まで、何度もなんども神様に祈っていた。そして、ようやく念願の桑名の地に来て、最愛の友達の家で、僕は自分の心の中にある恐れと戦っていた。いつも、そうなんだ。イエス様に従いたいという願いはあるけれど、実行できない自分が僕のうちで大きくなるのを僕は知っている。そして、夜は疲れてしまって、先に寝てしまった。朝目が覚めて、布団の中にうずくまって神様に、祈った。
「どうしても、どうしても、あなたのことを彼に伝えたいんです。だけど、僕は勇気がなくて、伝える勇気もありません。どうかお父さん。僕を助けてください。どうしたらいいですか。」って。すると神様は僕の心に教えてくれた。電車の中で、話そう。って。彼と、電車で名古屋駅まで行くことになっていたから、そこで話せると思った。だけど、実際に行く頃には結構緊張してた。いつもだけど、心臓が高鳴る。だけど、僕が心の中で、駅のホームで電車を待っている時、神様は僕の心の中に、確かに語って勇気をくれた。神様が、僕の心の中に、語りかけてくれた。「豊。大丈夫だ。私が全てする。」って。「私が導く。私が彼の心に、私を知りたいという思いを起こしてる。私が彼を愛してる。」って。僕は、そんな神様の語りかけを心に聴きながら、彼と一緒に電車に乗った。どのように彼に、この僕の魂から愛するイエス様の素晴らしさを紹介したらいいのかと思いながら、彼と話していたのだけれど、彼の方から、キリスト教の話をしてくれた。そして、そのまま流れで、神様が僕の心に語りかけることを、話した。「私は信じた。それゆえに語った。」という御言葉があるけれど、本当にそんな感じだ。御霊に従って行く話し方。なんか、すごいよね。なんか、その時に、僕の心は喜びでいっぱいだった。今まで、神様が僕の人生にどんなことをしてくださったのか、神様の愛のストーリーを、分かち合うことができた。彼と一緒に過ごしてて、僕は嬉しかった。そして、神様がこんな勇気のない僕だけど、勇気をくれて、話させてくれた。

これって、信じられないくらい、僕にとっては、大きな神様のみわざなんだ。僕は、イエス様のことを、話す勇気がもともとない。
イエス様は僕のために十字架にかかるほどに愛して、僕を恋い慕ってくれているのに、僕を、魂から愛してくれているのに、イエス様のことを、まだイエス様を知らない大切な友達に話すのに、恐れを感じてるんだ。自分は、イエス様を恥じてるような歩みは絶対したくない。だけど、僕は実際に大胆に話す勇気がないんだ。そのまんまの自分は、何もできない。友達と話すことも、イエス様が助けてくれなきゃできない。だけど、イエス様のこと、話させてくれた。今まで何年も祈ってた友達に!そして、彼のために祈れて、別れて。
言葉に言い尽くすことのできない喜びか、僕の魂の底から湧き上がってきた。ああ。本当に、この秋休み、桑名に来てよかった、神様が本当に助けてくださって、こんな勇気もなく話せない僕だけど、やらさせてくれた僕を通して、イエス様が僕のうちで生きておられて、話してくださったのを体の底から、心の根元から感じて、神様の素晴らしさに感動した。僕にとっては、イエス様以上に誇れるものはない。イエス様は僕の人生を変えた。そしてイエス様のおかげで今の僕がいる。イエス様が居なければ、僕は死んでいたと思う。
イエス様は僕の救い主で、僕の罪悪感も罪も赦して消し去って、僕に永遠の命をくれた。僕の人生に、ありえない、言葉にできないような喜びをくれた。イエス様が僕を愛して十字架で死んでくれて、僕は自由になった。罪から。そして、お父さんである、最高の神様は、僕を愛しているあまりに、イエス様を十字架にかけてくれた。そして、神様は世界の基のおかれる前から、僕を、イエス様の十字架によって、僕を神様の息子にしようと、愛を持ってあらかじめ定めてくださっていた。そしてこの神様は、全宇宙を支配する、全世界の創造者、アルファであり、オメガである方。全世界の人一人一人を愛するあまりに、罪の中に生きている一人一人が地獄に行くのを、見てもたってもいられなくて、信じるものに、イエス様によって救いをもたらしてくれた方。神様は、僕の祈りを聞いてる。神様は僕のことを愛する我が子よ。って言ってくれる。大好きな大好きな息子として、僕を見てくれていて、いつも、神様の御心に叶う願いをするなら、聞いて叶えてくださる。今回のこの旅も。神様は全ての人が救われて真理を知るのを願っていて、僕の今回訪ねた最高に大好きな友達を愛して愛して、真理を知り、救われて欲しいと願っておられて、それが神様の御心だから、そのことを神様に祈ってたから、神様は、確かに、答えてくれた。神様は、素晴らしい。最高に良いものを、僕の人生に与えてくれるお方。こんな最高の神様だから、僕は伝えたくてたまらない。どうしても、伝えなきゃいけない。神様のイエス様の、素晴らしさを、僕はこれから一生、もっともっと伝えて生きたい。パウロのように、命かけて、伝えたい。僕は、でも、恐れやすいし、そんな勇気もないやつだって知ってる。
だけど、僕を通して神様がイエス様のことを全世界に伝えたいと願っておられて、それが神様のみ心であるなら、どんなに僕がチキンでも、大丈夫だ。神様に御心にかなう願いをするときに、超絶に弱い僕を用いて、全能の神様が働いてくださり、イエス様が僕のうちで生きてくださり、素晴らしいみわざをなしてくださる。そして、神様の福音は全世界に宣べ伝えられて、終わりの日が来る。イエス様が雲に乗って、栄光の最愛の最高の、僕の主であるイエス様が来る。そのやばい計画の中に、神様は僕を救い、入れてくれた。その計画を進めるために、用いてくださる。そして、僕が天国に行くとき、イエス様から「ゆたかーーーーーーーーーーよくやったね!!!」ってイエス様が思っ切り抱きついて栄冠をくれるのを、夢見ている。それを、目指して、目標を目指して、一心に走り続けたい。
僕は、正直に言うと、不安もあります。だけど、イエス様のどうしようもない愛から、僕を引き離せるものは何もないんだ。
どうしようもなく弱いけれど、どうしようもなく愛してくれてるお方がいる。
この心は、その愛のゆえに駆り立てられて今日の1日も、ここまで歩めた。
僕は人から褒められると、高慢になる。傲慢になって、自分はすごいと錯覚する。
だけど、真実は、自分のしたことをよく見てみると、僕がしたことは全て、僕がやったことではなく、神様が助けてくださってできたこと。神様が力となり、全てを行わせてくださる。「神によって、私たちは力ある働きをします。神が私たちの敵を踏みつけられます。」僕が救われたのも、神様の恵みのゆえ。全ては神様によること、イエスキリストの父なる神さま、賛美を永遠に受けるお方に、最愛のお父さんに、栄光がとこしえにありますように。



しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。
第二コリント12:9


神は私たちに、新しい契約に仕える者となる資格を下さいました。
文字に仕える者ではなく、御霊に仕える者です。文字は殺し、御霊は生かすからです。
第二コリント3:6


しかし、神に感謝します。神はいつでも、私たちを導いてキリストによる勝利の行列に加え、至る所で私たちを通して、
キリストを知る知識のかおりを放ってくださいます。
私たちは、救われる人々の中でも、滅びる人々の中でも、
神の前にかぐわしいキリストの香りなのです。
第二コリント2:14,15


「光が、やみの中から輝き出よ」と言われた神は、私たちの心を照らし、
キリストの御顔にある神の栄光を知る知識を輝かせてくださったのです。
私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。
それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものではないことが明らかにされるためです。
第二コリント4:6,7



「私は信じた。それゆえに語った」と書いてあるとおり、それと同じ信仰の霊を持っている私たちも、信じているゆえに語るのです。
それは、主イエスをよみがえらせた方が、私たちをもイエスと共によみがえらせ、あなたがたといっしょに御前に立たせてくださることを知っているからです。すべてのことはあなたがたのためであり、それは、恵みがますます多くの人に及んで感謝が満ちあふれ、神の栄光が現れるようになるためです。
第二コリント4:13.14


主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。
詩篇107:1


主よ。あなたは、ほむべき方。
あなたのおきてを私に教えてください。
私は、このくちびるで、あなたの御口の決めたことをことごとく語り告げます。
私は、あなたのさとしの道を、そんな宝よりも、楽しんでいます。
詩篇119:12-14

プレイヤーウォーク、辞めたくて。

なんて感謝したらいいかな。
今日は最高の1日だった。
僕の心は喜びのあまりに爆発していた。
僕の体の中の血が騒ぎ立ち、電気ショックのように体の中を駆け巡るんだ。
そして神様の大きな笑顔が透き通った大空に見えた気がした。
神様が僕たちのことを楽しんでおられて、興奮しておられる。
そんな気がした。いや、実際にそう。
神様は、僕たちに言う。
あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。
救いの勇士だ。主は喜びを持ってあなたのことを楽しみ、
その愛によって安らぎを与える。
主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。
ゼパニヤ3章17節。
これが、真理なんだ。
いやぁ、やばいね。
神様って、楽しい。超楽しい。興奮。



この話は、昨日までさかのぼる。
昨日、神様に祈った。プレイヤーウォークをもう辞めたいと言うこと。自分は、人の目を最近気にしていた。
神様に喜ばれたいと始めたプレイヤーウォークは、最近一ヶ月近く続いていて、それが僕にとってプレッシャーに感じていた。自分が、ちゃんとリードしなきゃいけない、と考えていた。そして僕は神様にではなく、人に目を向けていた。
だけど、もう、それも苦しくて、神様にお願いした。もう無理ですと祈ると、それを友達に話すように神様は教えてくれた。そしたから今日は夕方に、時間をとって、今、自分がプレイヤーウォークをプレッシャーに感じていることを、話した。
そしたらその友達が、「豊君はリーダじゃない。リーダーじゃない。リードしようとしなくていい。プレッシャーを感じる必要はない。聖霊様がリーダーだよ」と言ってくれた。その時今まであった重い荷物が僕のうちから消えた。
自分は、リーダーじゃない。神様が、聖霊様が、リーダーなんだ。神様が、この、プレイヤーウォークの働きも始められて、そして神様がそれをリードしておられる。自分は、何もプレッシャーに感じる必要なはいんだ。と。
僕は自分がリーダーであると、錯覚していた。自分が始めたことだと、自分がしっかりしなきゃと、自分がもっと祈らなきゃと、一生懸命になっていた。だけど、自分じゃない。何も、自分が頑張る必要はない。リーダーは、神様だから。
そのことを知ってから、今日は自然とプレイヤーウォークを、したくなった。夕方の、その会話の後。
そして、夕食後に、行くことになった。始めは、誰も誘ってなかったから、三人くらいかと思ったら、7人で行くことになった。しかも、駅にいたら、三人の同じ大学の友達も通りかかって入ってきてくれた。
一緒に駅の前で七人で興奮して神様を賛美していると、三人の知らない女の子たちが賛美している姿を20メートルくらい離れたところで、見ていた。そしたら、賛美してる何人かの子がその三人組の女の子たちのところに行って話してくれた。
そして、その知らない女の子たちは、なんで僕らが歌っているのか聞いてきてくれて、僕らがイエス様を信じていて、キリスト教の大学に行ってること、その神様を歌っているとあとで話してくれた子がシェアしてくれた。
最高の天のお父さんが、リーダーで、代わる代わるギターを交代したりして。そしてみんな喜び爆発して、7時15分に出発したのだけれど、10時半まで賛美していた。神様が力強く動いてた。そしてめちゃめちゃ楽しくて、喜び、半端なくて、神様はどんだけ素晴らしいのだろうと思った。興奮した最高の夜。最高の1日。神様は、僕たちのことを、本当に楽しんで、喜んで、超ビッグなスマイルで見ていらっしゃる。神様は、これからも、やばいことしてくださる。クレイジーなこと。超クレイジーなこと。
リバイバルは、ここから始まる。神様は、御国の福音を全世界に宣べ伝えられている。
僕たちを通して、神様は、神様のそのご計画を進めようとされている。ますます、ますます!
そしてイエス様は来られる。栄光の王が、来る。
最近思うのは、神様はなんて楽しい方なんだろうってこと。
神様は超すごいことをしてくださるお方。神様を愛する者のために、見たことも、聞いたことも、心に思い浮かんだこともないようなことを、備えておられるんだ。
もっと神様のことを知りたい。僕らは、天のお父様の子ども。
そして僕らは、世界の光だ。僕らのうちには、イエス様がおられ、真理の聖霊様が宿ってる。
そして僕らは、イエスによって、圧倒的な勝利者だ。
僕らは、イエス様の血により罪から解き放たれている。
そして、僕らは、イエスが贖ってくださったから、王とされた。
僕らは、王であり、祭司である。神の皇太子であり、神の子供。
神様の最愛の子供であり、神様は僕たちと常に交わりたいと願っておられる。
もっと深く、もっと強く、神様は僕たちと交わりたい。僕らの交わりは、天のお父様と、イエス様との交わりだ。
交わりは、本当に、友達と友達が話すように、親しく、楽しい、会話。
イエス様は僕らを友と呼び、僕らのために命を捨てるほど、僕らの命を尊く思ってくださっておられる。
そして僕らは、イエス様の十字架での贖いによって、信じる僕らは、何も良いことをしなくても、完全に、神様の義を受けていて、神様の、最愛の子供であり、聖なる者であり、イエス様によって、神様がイエス様により与えてくださった義により交われるんだ。もっともっと、もっともっと、深く、強く。
ダビデは、神様と交わってた。アブラハムも、神様と交わってた。
パウロも、神様と交わってた。ヨハネも、神様と交わってた。
聖書に出て来る神様を愛する人のほとんどは、神様の声を聞き、神様に話し、神様と交わっていた。
そして神様は今の時代の僕らにも、彼ら一人一人と同じように愛してくださっている。
永遠の、イエスを与える愛で愛し、神の子供としてくださり、聖霊を、与えてくれた。
だから僕らは、この神様と、交われる。神様の声を聞ける。神様に話せる。親しく、深く、強く、交われる。
話せる。聞くことができる。もっと、もっと。神様は僕らと交わることを熱望している。
大好きな大好きな、花嫁のようにイエス様は僕らのことを見てくださっている。花嫁のこと、好きでたまらなくて、恋い慕ってる。いつもいつも思いを寄せて、神様は、イエス様は、僕らのことを、愛している。
もっと話聞きたい。もっと思いを聞きたい。願いを、聞かせてほしい、私との会話を私との時間を楽しんでほしいと、神様は本当に思ってくださってる。そして、もし僕らが感じなくても、聞こえなくても、神様は僕らとともにいる。それが、真理だ。真理は、聖書のみことば以外にない。
恐れるな。私があなたとともにいる。と神様は僕らにいう。そのみ言葉が、真理なんだ。
色々自分は思ってしまう。神様は今ここにいない気がする、と。だけど、違う。偽りだらけで、自分の感情もコロコロ変わるけど、変わらないのは、神様のみ言葉だ。そして神様のみ言葉だけが、真理であり、正しい。
僕らとともに、神様はいる。僕らのうちに、神様は生きている。
神様は、僕らを通して、神様ご自身の栄光を表そうとされている。そして、そのようにする。そのために、僕らは生まれ、選ばれた。任命されている。僕らは、神様のもの。この世界を勝ち取る者。神の栄光を表す者。
勝利の勇士であるイエスは、僕らのうちにおられる栄光の望み。僕らがどれだけ自分に失望したとしても、
僕らのうちには、義の太陽であるイエスがおられる。彼は、義であり、聖めであり、贖いである。
そして僕らは、イエスにあって勝利者だ。僕らが弱くて、何もできなくても、イエスは最強で、僕らのリーダー。
羊飼いとなり一歩一歩導いてくださるお方。
神様は、これから何をなさるんだろう。絶対、すごいことだと信じてる。
真理は、天のお父様の愛する子供。僕らは、全宇宙を支配するいと高き全能のお父さんの子供であり、お父さんは永遠の愛で僕らのことを愛してくださり、イエスを与え、僕らを聖なる者とし、義を与えて、神の栄光を表し、神の御国のために生きるように招き、導いてくださった。そして僕らはイエスにより勝利者。イエスが僕らのうちで生きている。
そして、イエスは来られる。栄光の王、ものすごい数の聖徒を連れて、そして、やばい神の栄光を帯びて、この地を捌くために来られる。だけど、お父さんは、この地上の一人一人を愛してやまなくて、この地に来られるのを待っている。
この、イエスキリストの御国の福音は全世界に宣べ伝えられて終わりの日が来る。全世界に出て行き、全ての作られたものに、福音を宣べ伝えなさいと、イエスは僕らに言われてる。僕らを通し、御霊により、これからますます、イエスキリストの御国の福音は、全世界に広がっていくだろう。そのために、僕らイエスキリストを信じ、愛するキリスト者は、この地上に、置かれているそれぞれの場所に神様から遣わされている。僕らは、御国の子であり、神の御国を全ての場所にもたらし、キリストの香りを放つキリストのしもべ。君主であり、王。イエスにより、ただイエスにより、僕らは完全に聖く、僕らは神の祭司だ。父なる神にとりなすものであり、お父さんはイエスによって完全にいつも聞いてくださる。そして完全に愛し受け入れてくださる、抱きしめて、キスして、ブッチューーーってして指輪をはめて、最高の服を着せて、パーティーを開いてくださる。罪を犯してしまった時でも、神様はお父さん。そしてお父さんのところに行き、ごめんなさいという時に、そのように受け入れてくださるお方。永遠の愛を持って、私はあなたを愛した。と、言ってくださる。
そして、神を愛する者のために、神様は、やばいこと、超楽しくて、ワクワクする、興奮して鼻血出そうな、ほんまにやばいこと、してくださる。こんな最高のお父さんがいる。
こんな最高のお父さんに、僕らはおもっきり愛されている。
そして僕らを召し、僕らのことを絶えず見てる。愛の瞳で、常に常に、大好きな我が子として、見てくれていて、
全ての祈りを、一語も逃さず聞いてくださる。そして、イエスの御名でみこころにかなうことを願う時、叶えてくれる。
愛する天のお父さん。
超最高の天のお父さん。
世界一、宇宙一最高の天のお父さん。
うるとらスーパー素晴らしいイエス。
今、僕は恋愛中。遠距離恋愛しています。❤️😆
いや、もしかしたら一つかも。でも、本当にこの目でリアルに、イエスとあって、思っきしハグする日、来るんだ。
イエス様、大好きです。パパ、ありがとう!!!❤️❤️❤️❤️❤️


私の愛する方は、私に語りかけて言われます。
「わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。」
雅歌2:10


花婿が花嫁を喜ぶように、あなたの神はあなたを喜ぶ。
イザヤ62:5

主はわたしの羊飼い、関東へ

今、梅田を出発した。今から関東へ戻る。
この1ヶ月の大阪での夏休み、なんて主が祝福してくださったんだろう。不安も、恐れも、いろんな複雑な思いがあった夏。将来に対しての失望があって、自分の思っている道ではなく、自分の計画とは全然違う道を歩んでいて、本当に神様が自分を導いてくださっているのだろうかと、不安に思って、御心ならば大学を一年で辞めさせてくださいと祈ってた。だけど、主は何度も、何度も、僕を励まし、確かに主が僕を導いてくださっているという確信をくださった。確かに、これから4年というのは、大きな壁でもある。だけど、神様がゆたかを導いてくださり、助け、支えてくださる。さっき、お母さんからの手紙を、電車の中での生活読んで、涙が溢れてきた。愛されてること、そのために生まれたというフレーズが、心の中に響いてた。そして、その手紙の中で、みことばが、僕の心をとらえた。なんで感謝なのかな。主よ、ありがとう!!あぁ、ありがとう!さっき、夕食、サイゼリヤで家族で食べれて。川西能勢口まで、車で送ってくれて、別れる時、めいと別れる時、胸が痛くて、熱く込み上げてきて。
この夏、主は励ましてくれた。
イザヤ55:8-12
神様の思いは、高い。神様の計画、道は、高い。ゆたかの思いや計画、道は、地上くらい。でも、神様のは、天にまでなんだ。
神様が必ず、成し遂げると約束してくださった。そして、安らかに導かれて、喜びをもって出て行かせてくれる。ヤバイことを、神様は、してくださる。自分の考えや、願い、計画、思いとは違うことを、それより、はるかに高くてすごい計画を、思いを、神様は持っておられるんだ。いつまでも、その神様あなたに信頼して歩ませてください。あなたが、わたしの神、わたしの主。すべてです。
今日まで、ありがとう。妹の手紙、すごい励まされた。なんて妹を与えてくださってるのですか。ありがとう。教会に行けたこと。祈れることがあったら何でも言ってくださいと、言ってくれた教会の最高のお母さん。あぁ、主よ、ありがとう。お父さんをありがとう。
いつも、信仰によって歩めますように。
御霊によって、望みに溢れて、歩めるように、主よ、お助け下さい。すべて委ねます。我が救い主なる主よ。愛してます心から。本当に、この夏をありがとう。主よ、感謝します、ありがとう!




主はわたしの羊飼い。
わたしは、乏しいことがありません。
詩篇23:1





悩み

辛い時、神さまに信頼して歩めますように。
悩み苦しむ時、ただ、神さまを信頼して歩めますように。自分に自信がない。神さまの願うことを行えてない自分。愛することできない自分。自分、自分、自分。ってなっていってる自分。神さまに信頼してるつもりなのに、神さまの助けがないように感じる時、神さまは聞いてくれてるのかな。神さまを疑うような自分。神さまではなく、自分に心が向いていく僕。信仰も弱くなって、ない気さえする。どうしたらいいんだろう。人を恐れると罠にかかる。しかし、主に信頼する者は、守られる。ただ、主に信頼したいよ。信仰がほしいよ。将来に対して希望を持ちたいよ。みことばを信頼して、神様によって歩みたいよ。いつも喜んでいたい。すべてのことについて感謝してたい。どんな状況でも、神様だけ、みてたいよ。だけど、状況や、環境、人を見ている自分がいる。心の底から神様だけに信頼していないと、自分は揺らぐ。分からなくなってくる。環境って、こんなにも、影響与えるのかな。自分が分からなくなってくる。神様のことば、きいていかせて。
僕は悩み苦しんでる。分からない。将来や、目の前のことばかりに目がいってしまう。心配や不安が心に囁く。その声を聞いている自分がいる。神様の声を聞かずに、自分の内に語りかける心配や、恐れの声に心を傾けて、ズルズルと、いってしまいやすい。でも、真理は、イエスさまなんだ。真理は、本当は、本物なのは、聖書のみことばだけなんだ。偽りを心に囁いて、不安や恐れを心に植え付けようとする悪魔が確かにいる。そして、僕を責めようと、僕を壊そうとしてくる。だけど、だけど、悪魔は、僕に勝てはしない。真理は、イエスさま。そして、イエスさまは、僕の内におられ、悪魔よりもはるかに、強いお方なんだ。イエスさまの愛から、僕を引き離せる者は、何もないんだ。悩みも、恐れも、将来も、あぁ、確かに、僕を苦しめようとする材料は、たくさんあるんだけど、でも、イエスさまが、僕の救い主。僕の主。僕は弱いけど、イエスさまが、強い。僕は何もできないけど、イエスさまがなんでもできる。僕はひとを愛せないけど、イエスさまが愛せる。僕は罪深いけど、イエスさまがきよい。イエスさまが義としてくださるんだ。イエスさまが、僕の岩。避け所。何にもなくて、弱くて、悩んで、恐れる僕だけど、イエスさまだけが、僕の希望。僕の内にいる、栄光の望み。どうしようもない者だけど、イエスさまだけに信頼して歩みたい。


彼に信頼する者は、失望することがない。

この奥義とは、私たちの内におられるキリスト・栄光の望みのことです。

変わらぬ愛

すごい感謝な1日だった。
神様の恵みが溢れてた。
今、なんか、体がめっちゃ疲れてるけど、そして日曜からはキャンプが2週間あって体がもつかな、とも思う。ぜひ祈ってくだされば感謝です。
今日は大阪のCCC行けて、3月ぶりに行けて、兄弟達と過ごせる時間というのはなんか、すごく当たり前のように感じてしまうのだけど、ハンパなく素晴らしい神様の恵みなんだって思った。神様が与えてくださっている交わりって、すごい特別なもの。毎週、毎月のようにちょうど2年前くらいから、行き始めたCCC。その場所に居れた恵み、すごく感じる。離れてみると感じるんだよね。親の存在も、兄弟の存在も、離れてみて、初めてどれほど感謝だったのかって、気づく気がする。全部神様の恵み。そして、神様の支配の中においてくださってる。ここに、共にいてくださるインマヌエルの主。苦しい時も辛い時もあるけど、神様は常に真実で、どんなに僕が弱くても、罪深くても、愚かでも、神様は尊く思って、魂の底から愛してくださる。弱くてもいいや。疲れてもいいや。倒れても大丈夫。主が僕の岩だから。パウロは言ってた。弱さを誇るって。そして、神様の力は、弱さのうちに完全にあらわれてくださる。僕も弱さ誇っていきたい。僕にはプライドも高慢もある。だけど、神様に、プライドあります、高慢ありますって言うと、

もし、私たちが罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、全ての悪から私たちをきよめてくださいます。

って、言ってくださる。神様は真実で正しい方。
神様は避けどころ。岩。イエスが義ときよめと、贖い。そして、内におられる。永遠の愛で愛してくださってる。ただただ偉大な神様の御名だけに栄光が永久にありますように。


たとい山々が移り、丘が動いても、
わたしの変わらぬ愛はあなたから移らず、
わたしの平和の契約は動かない」と
あなたをあわれむ主は仰せられる。
イザヤ54:10
プロフィール

lovejesusyutaka

Author:lovejesusyutaka
イエス様のことが大好きです*(^o^)/*
大学1年生で兄弟が8人います!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR