めっちゃ弱いけどめっちゃ強い

今、新宿行きのバスに乗ってる。
今週の一週間、飛ぶように過ぎた。
主はどんなに弱い僕も、使ってくださる。
僕には、保育園の時からの、幼馴染の大切な友達がいて、どうしても僕の心の底から愛するイエス様を紹介したいと、願っていた。
だけど、勇気もなくていつも、最高のイエス様を伝えれない自分に落ち込んでいた。
そんな中、僕は12年住んでいた三重県の桑名市から大阪の能勢に引っ越して、それから今は、大学のある千葉県の印西市に移っていってた。桑名を離れて3年経って、久しぶりに昨日、懐かしい、故郷のような地、桑名に来て感動してた。
3年前、この公園で野球してたなぁとか、思って。友達とそこで野球したりした。

そして僕は、秋休みで、一週間あった。この一週間、僕は一人旅でもしたいと考えていた。
イエス様とゆっくり、一週間のデートをしたいなぁとか、色々考えてた。だけど、祈ってたら、桑名に行きたいという思いが来た。
心の底から愛する友達に、イエス様の素晴らしさをどうしても紹介したいと思った。そして神様が、何よりもそれをしなさいと、僕の心に言っている気がした。なので僕は秋休みに桑名の友達の家に行くことに決めて、バスチケットを予約して、行った。
まず初めは、神奈川の友達の家、東京の友達の家に泊めてもらって、それから静岡の友達の家に行って、それから行った桑名。
この旅に出る前に、教会の祈祷会や、クラスの祈祷会、祈りのリクエストをシェアできる機会があれば僕は、この桑名に住んでいる、僕の大切な二人の友達がイエス様のことを知ってもらいたいと、そのことをいつも祈ってもらっていた。
そして実際に桑名に行ったのだけれど、僕の心は感じていた。自分の恐れと、自分の勇気のなさをね。
僕は心の底から、この愛する友達にイエス様のことを伝えたいと思っていたのだけれど、僕は自分ではできないのを感じていた。
桑名に行って1日目に行った友達の家で、夜寝る前に話したいと思っていたのだけれど、話せなくて朝になってしまった。
僕は愛する兄弟に、祈りのリクエストを頼んだ。僕はちょっと焦ってた。伝えれなかったらどうしようと。
そして、朝起きて、トイレに入って神様に祈った。そして聞いた。どうしたらいいかわかんなくて、助けてくださいって。
そしてら神様は「大丈夫だ。私がすごいことする」って。そして食事の時に彼に神様が話させてくださった。
その後、めっちゃ感謝だった。最高の愛する友達と過ごせて、最高のイエス様が彼を愛してる真理を伝えれたこと。
僕の心は喜びでいっぱいだった。


そしてその日の夕方からはもう一人の愛する友達の家を訪ねた。彼が大学から帰ってくるのは遅かったのであまり話せなくて。
そして自分は疲れてしまっていた。だけど、1年ぶりにあったその友達といれるのは、本当に嬉しかった。
そして僕は、トイレに入って祈っていた。僕は、自分では伝える勇気がない。僕は、イエス様のことを話したくてしょうがないのだけれど、僕の心には、心配があった。泊まりに来たけれど、僕はイエス様のことを話せないで帰ってしまうのではないかと思った。
そしてまた、愛する兄弟に、お祈りをお願いした。僕は、イエス様を愛している。そして伝えたい想いは溢れている。そしてその友達を心の底から愛していて、どうしても、どうしてもこの最高のイエス様のことを知ってもらいたいという想いが溢れていて、今まで、何度もなんども神様に祈っていた。そして、ようやく念願の桑名の地に来て、最愛の友達の家で、僕は自分の心の中にある恐れと戦っていた。いつも、そうなんだ。イエス様に従いたいという願いはあるけれど、実行できない自分が僕のうちで大きくなるのを僕は知っている。そして、夜は疲れてしまって、先に寝てしまった。朝目が覚めて、布団の中にうずくまって神様に、祈った。
「どうしても、どうしても、あなたのことを彼に伝えたいんです。だけど、僕は勇気がなくて、伝える勇気もありません。どうかお父さん。僕を助けてください。どうしたらいいですか。」って。すると神様は僕の心に教えてくれた。電車の中で、話そう。って。彼と、電車で名古屋駅まで行くことになっていたから、そこで話せると思った。だけど、実際に行く頃には結構緊張してた。いつもだけど、心臓が高鳴る。だけど、僕が心の中で、駅のホームで電車を待っている時、神様は僕の心の中に、確かに語って勇気をくれた。神様が、僕の心の中に、語りかけてくれた。「豊。大丈夫だ。私が全てする。」って。「私が導く。私が彼の心に、私を知りたいという思いを起こしてる。私が彼を愛してる。」って。僕は、そんな神様の語りかけを心に聴きながら、彼と一緒に電車に乗った。どのように彼に、この僕の魂から愛するイエス様の素晴らしさを紹介したらいいのかと思いながら、彼と話していたのだけれど、彼の方から、キリスト教の話をしてくれた。そして、そのまま流れで、神様が僕の心に語りかけることを、話した。「私は信じた。それゆえに語った。」という御言葉があるけれど、本当にそんな感じだ。御霊に従って行く話し方。なんか、すごいよね。なんか、その時に、僕の心は喜びでいっぱいだった。今まで、神様が僕の人生にどんなことをしてくださったのか、神様の愛のストーリーを、分かち合うことができた。彼と一緒に過ごしてて、僕は嬉しかった。そして、神様がこんな勇気のない僕だけど、勇気をくれて、話させてくれた。

これって、信じられないくらい、僕にとっては、大きな神様のみわざなんだ。僕は、イエス様のことを、話す勇気がもともとない。
イエス様は僕のために十字架にかかるほどに愛して、僕を恋い慕ってくれているのに、僕を、魂から愛してくれているのに、イエス様のことを、まだイエス様を知らない大切な友達に話すのに、恐れを感じてるんだ。自分は、イエス様を恥じてるような歩みは絶対したくない。だけど、僕は実際に大胆に話す勇気がないんだ。そのまんまの自分は、何もできない。友達と話すことも、イエス様が助けてくれなきゃできない。だけど、イエス様のこと、話させてくれた。今まで何年も祈ってた友達に!そして、彼のために祈れて、別れて。
言葉に言い尽くすことのできない喜びか、僕の魂の底から湧き上がってきた。ああ。本当に、この秋休み、桑名に来てよかった、神様が本当に助けてくださって、こんな勇気もなく話せない僕だけど、やらさせてくれた僕を通して、イエス様が僕のうちで生きておられて、話してくださったのを体の底から、心の根元から感じて、神様の素晴らしさに感動した。僕にとっては、イエス様以上に誇れるものはない。イエス様は僕の人生を変えた。そしてイエス様のおかげで今の僕がいる。イエス様が居なければ、僕は死んでいたと思う。
イエス様は僕の救い主で、僕の罪悪感も罪も赦して消し去って、僕に永遠の命をくれた。僕の人生に、ありえない、言葉にできないような喜びをくれた。イエス様が僕を愛して十字架で死んでくれて、僕は自由になった。罪から。そして、お父さんである、最高の神様は、僕を愛しているあまりに、イエス様を十字架にかけてくれた。そして、神様は世界の基のおかれる前から、僕を、イエス様の十字架によって、僕を神様の息子にしようと、愛を持ってあらかじめ定めてくださっていた。そしてこの神様は、全宇宙を支配する、全世界の創造者、アルファであり、オメガである方。全世界の人一人一人を愛するあまりに、罪の中に生きている一人一人が地獄に行くのを、見てもたってもいられなくて、信じるものに、イエス様によって救いをもたらしてくれた方。神様は、僕の祈りを聞いてる。神様は僕のことを愛する我が子よ。って言ってくれる。大好きな大好きな息子として、僕を見てくれていて、いつも、神様の御心に叶う願いをするなら、聞いて叶えてくださる。今回のこの旅も。神様は全ての人が救われて真理を知るのを願っていて、僕の今回訪ねた最高に大好きな友達を愛して愛して、真理を知り、救われて欲しいと願っておられて、それが神様の御心だから、そのことを神様に祈ってたから、神様は、確かに、答えてくれた。神様は、素晴らしい。最高に良いものを、僕の人生に与えてくれるお方。こんな最高の神様だから、僕は伝えたくてたまらない。どうしても、伝えなきゃいけない。神様のイエス様の、素晴らしさを、僕はこれから一生、もっともっと伝えて生きたい。パウロのように、命かけて、伝えたい。僕は、でも、恐れやすいし、そんな勇気もないやつだって知ってる。
だけど、僕を通して神様がイエス様のことを全世界に伝えたいと願っておられて、それが神様のみ心であるなら、どんなに僕がチキンでも、大丈夫だ。神様に御心にかなう願いをするときに、超絶に弱い僕を用いて、全能の神様が働いてくださり、イエス様が僕のうちで生きてくださり、素晴らしいみわざをなしてくださる。そして、神様の福音は全世界に宣べ伝えられて、終わりの日が来る。イエス様が雲に乗って、栄光の最愛の最高の、僕の主であるイエス様が来る。そのやばい計画の中に、神様は僕を救い、入れてくれた。その計画を進めるために、用いてくださる。そして、僕が天国に行くとき、イエス様から「ゆたかーーーーーーーーーーよくやったね!!!」ってイエス様が思っ切り抱きついて栄冠をくれるのを、夢見ている。それを、目指して、目標を目指して、一心に走り続けたい。
僕は、正直に言うと、不安もあります。だけど、イエス様のどうしようもない愛から、僕を引き離せるものは何もないんだ。
どうしようもなく弱いけれど、どうしようもなく愛してくれてるお方がいる。
この心は、その愛のゆえに駆り立てられて今日の1日も、ここまで歩めた。
僕は人から褒められると、高慢になる。傲慢になって、自分はすごいと錯覚する。
だけど、真実は、自分のしたことをよく見てみると、僕がしたことは全て、僕がやったことではなく、神様が助けてくださってできたこと。神様が力となり、全てを行わせてくださる。「神によって、私たちは力ある働きをします。神が私たちの敵を踏みつけられます。」僕が救われたのも、神様の恵みのゆえ。全ては神様によること、イエスキリストの父なる神さま、賛美を永遠に受けるお方に、最愛のお父さんに、栄光がとこしえにありますように。



しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。
第二コリント12:9


神は私たちに、新しい契約に仕える者となる資格を下さいました。
文字に仕える者ではなく、御霊に仕える者です。文字は殺し、御霊は生かすからです。
第二コリント3:6


しかし、神に感謝します。神はいつでも、私たちを導いてキリストによる勝利の行列に加え、至る所で私たちを通して、
キリストを知る知識のかおりを放ってくださいます。
私たちは、救われる人々の中でも、滅びる人々の中でも、
神の前にかぐわしいキリストの香りなのです。
第二コリント2:14,15


「光が、やみの中から輝き出よ」と言われた神は、私たちの心を照らし、
キリストの御顔にある神の栄光を知る知識を輝かせてくださったのです。
私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。
それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものではないことが明らかにされるためです。
第二コリント4:6,7



「私は信じた。それゆえに語った」と書いてあるとおり、それと同じ信仰の霊を持っている私たちも、信じているゆえに語るのです。
それは、主イエスをよみがえらせた方が、私たちをもイエスと共によみがえらせ、あなたがたといっしょに御前に立たせてくださることを知っているからです。すべてのことはあなたがたのためであり、それは、恵みがますます多くの人に及んで感謝が満ちあふれ、神の栄光が現れるようになるためです。
第二コリント4:13.14


主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。
詩篇107:1


主よ。あなたは、ほむべき方。
あなたのおきてを私に教えてください。
私は、このくちびるで、あなたの御口の決めたことをことごとく語り告げます。
私は、あなたのさとしの道を、そんな宝よりも、楽しんでいます。
詩篇119:12-14

スポンサーサイト

プレイヤーウォーク、辞めたくて。

なんて感謝したらいいかな。
今日は最高の1日だった。
僕の心は喜びのあまりに爆発していた。
僕の体の中の血が騒ぎ立ち、電気ショックのように体の中を駆け巡るんだ。
そして神様の大きな笑顔が透き通った大空に見えた気がした。
神様が僕たちのことを楽しんでおられて、興奮しておられる。
そんな気がした。いや、実際にそう。
神様は、僕たちに言う。
あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。
救いの勇士だ。主は喜びを持ってあなたのことを楽しみ、
その愛によって安らぎを与える。
主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。
ゼパニヤ3章17節。
これが、真理なんだ。
いやぁ、やばいね。
神様って、楽しい。超楽しい。興奮。



この話は、昨日までさかのぼる。
昨日、神様に祈った。プレイヤーウォークをもう辞めたいと言うこと。自分は、人の目を最近気にしていた。
神様に喜ばれたいと始めたプレイヤーウォークは、最近一ヶ月近く続いていて、それが僕にとってプレッシャーに感じていた。自分が、ちゃんとリードしなきゃいけない、と考えていた。そして僕は神様にではなく、人に目を向けていた。
だけど、もう、それも苦しくて、神様にお願いした。もう無理ですと祈ると、それを友達に話すように神様は教えてくれた。そしたから今日は夕方に、時間をとって、今、自分がプレイヤーウォークをプレッシャーに感じていることを、話した。
そしたらその友達が、「豊君はリーダじゃない。リーダーじゃない。リードしようとしなくていい。プレッシャーを感じる必要はない。聖霊様がリーダーだよ」と言ってくれた。その時今まであった重い荷物が僕のうちから消えた。
自分は、リーダーじゃない。神様が、聖霊様が、リーダーなんだ。神様が、この、プレイヤーウォークの働きも始められて、そして神様がそれをリードしておられる。自分は、何もプレッシャーに感じる必要なはいんだ。と。
僕は自分がリーダーであると、錯覚していた。自分が始めたことだと、自分がしっかりしなきゃと、自分がもっと祈らなきゃと、一生懸命になっていた。だけど、自分じゃない。何も、自分が頑張る必要はない。リーダーは、神様だから。
そのことを知ってから、今日は自然とプレイヤーウォークを、したくなった。夕方の、その会話の後。
そして、夕食後に、行くことになった。始めは、誰も誘ってなかったから、三人くらいかと思ったら、7人で行くことになった。しかも、駅にいたら、三人の同じ大学の友達も通りかかって入ってきてくれた。
一緒に駅の前で七人で興奮して神様を賛美していると、三人の知らない女の子たちが賛美している姿を20メートルくらい離れたところで、見ていた。そしたら、賛美してる何人かの子がその三人組の女の子たちのところに行って話してくれた。
そして、その知らない女の子たちは、なんで僕らが歌っているのか聞いてきてくれて、僕らがイエス様を信じていて、キリスト教の大学に行ってること、その神様を歌っているとあとで話してくれた子がシェアしてくれた。
最高の天のお父さんが、リーダーで、代わる代わるギターを交代したりして。そしてみんな喜び爆発して、7時15分に出発したのだけれど、10時半まで賛美していた。神様が力強く動いてた。そしてめちゃめちゃ楽しくて、喜び、半端なくて、神様はどんだけ素晴らしいのだろうと思った。興奮した最高の夜。最高の1日。神様は、僕たちのことを、本当に楽しんで、喜んで、超ビッグなスマイルで見ていらっしゃる。神様は、これからも、やばいことしてくださる。クレイジーなこと。超クレイジーなこと。
リバイバルは、ここから始まる。神様は、御国の福音を全世界に宣べ伝えられている。
僕たちを通して、神様は、神様のそのご計画を進めようとされている。ますます、ますます!
そしてイエス様は来られる。栄光の王が、来る。
最近思うのは、神様はなんて楽しい方なんだろうってこと。
神様は超すごいことをしてくださるお方。神様を愛する者のために、見たことも、聞いたことも、心に思い浮かんだこともないようなことを、備えておられるんだ。
もっと神様のことを知りたい。僕らは、天のお父様の子ども。
そして僕らは、世界の光だ。僕らのうちには、イエス様がおられ、真理の聖霊様が宿ってる。
そして僕らは、イエスによって、圧倒的な勝利者だ。
僕らは、イエス様の血により罪から解き放たれている。
そして、僕らは、イエスが贖ってくださったから、王とされた。
僕らは、王であり、祭司である。神の皇太子であり、神の子供。
神様の最愛の子供であり、神様は僕たちと常に交わりたいと願っておられる。
もっと深く、もっと強く、神様は僕たちと交わりたい。僕らの交わりは、天のお父様と、イエス様との交わりだ。
交わりは、本当に、友達と友達が話すように、親しく、楽しい、会話。
イエス様は僕らを友と呼び、僕らのために命を捨てるほど、僕らの命を尊く思ってくださっておられる。
そして僕らは、イエス様の十字架での贖いによって、信じる僕らは、何も良いことをしなくても、完全に、神様の義を受けていて、神様の、最愛の子供であり、聖なる者であり、イエス様によって、神様がイエス様により与えてくださった義により交われるんだ。もっともっと、もっともっと、深く、強く。
ダビデは、神様と交わってた。アブラハムも、神様と交わってた。
パウロも、神様と交わってた。ヨハネも、神様と交わってた。
聖書に出て来る神様を愛する人のほとんどは、神様の声を聞き、神様に話し、神様と交わっていた。
そして神様は今の時代の僕らにも、彼ら一人一人と同じように愛してくださっている。
永遠の、イエスを与える愛で愛し、神の子供としてくださり、聖霊を、与えてくれた。
だから僕らは、この神様と、交われる。神様の声を聞ける。神様に話せる。親しく、深く、強く、交われる。
話せる。聞くことができる。もっと、もっと。神様は僕らと交わることを熱望している。
大好きな大好きな、花嫁のようにイエス様は僕らのことを見てくださっている。花嫁のこと、好きでたまらなくて、恋い慕ってる。いつもいつも思いを寄せて、神様は、イエス様は、僕らのことを、愛している。
もっと話聞きたい。もっと思いを聞きたい。願いを、聞かせてほしい、私との会話を私との時間を楽しんでほしいと、神様は本当に思ってくださってる。そして、もし僕らが感じなくても、聞こえなくても、神様は僕らとともにいる。それが、真理だ。真理は、聖書のみことば以外にない。
恐れるな。私があなたとともにいる。と神様は僕らにいう。そのみ言葉が、真理なんだ。
色々自分は思ってしまう。神様は今ここにいない気がする、と。だけど、違う。偽りだらけで、自分の感情もコロコロ変わるけど、変わらないのは、神様のみ言葉だ。そして神様のみ言葉だけが、真理であり、正しい。
僕らとともに、神様はいる。僕らのうちに、神様は生きている。
神様は、僕らを通して、神様ご自身の栄光を表そうとされている。そして、そのようにする。そのために、僕らは生まれ、選ばれた。任命されている。僕らは、神様のもの。この世界を勝ち取る者。神の栄光を表す者。
勝利の勇士であるイエスは、僕らのうちにおられる栄光の望み。僕らがどれだけ自分に失望したとしても、
僕らのうちには、義の太陽であるイエスがおられる。彼は、義であり、聖めであり、贖いである。
そして僕らは、イエスにあって勝利者だ。僕らが弱くて、何もできなくても、イエスは最強で、僕らのリーダー。
羊飼いとなり一歩一歩導いてくださるお方。
神様は、これから何をなさるんだろう。絶対、すごいことだと信じてる。
真理は、天のお父様の愛する子供。僕らは、全宇宙を支配するいと高き全能のお父さんの子供であり、お父さんは永遠の愛で僕らのことを愛してくださり、イエスを与え、僕らを聖なる者とし、義を与えて、神の栄光を表し、神の御国のために生きるように招き、導いてくださった。そして僕らはイエスにより勝利者。イエスが僕らのうちで生きている。
そして、イエスは来られる。栄光の王、ものすごい数の聖徒を連れて、そして、やばい神の栄光を帯びて、この地を捌くために来られる。だけど、お父さんは、この地上の一人一人を愛してやまなくて、この地に来られるのを待っている。
この、イエスキリストの御国の福音は全世界に宣べ伝えられて終わりの日が来る。全世界に出て行き、全ての作られたものに、福音を宣べ伝えなさいと、イエスは僕らに言われてる。僕らを通し、御霊により、これからますます、イエスキリストの御国の福音は、全世界に広がっていくだろう。そのために、僕らイエスキリストを信じ、愛するキリスト者は、この地上に、置かれているそれぞれの場所に神様から遣わされている。僕らは、御国の子であり、神の御国を全ての場所にもたらし、キリストの香りを放つキリストのしもべ。君主であり、王。イエスにより、ただイエスにより、僕らは完全に聖く、僕らは神の祭司だ。父なる神にとりなすものであり、お父さんはイエスによって完全にいつも聞いてくださる。そして完全に愛し受け入れてくださる、抱きしめて、キスして、ブッチューーーってして指輪をはめて、最高の服を着せて、パーティーを開いてくださる。罪を犯してしまった時でも、神様はお父さん。そしてお父さんのところに行き、ごめんなさいという時に、そのように受け入れてくださるお方。永遠の愛を持って、私はあなたを愛した。と、言ってくださる。
そして、神を愛する者のために、神様は、やばいこと、超楽しくて、ワクワクする、興奮して鼻血出そうな、ほんまにやばいこと、してくださる。こんな最高のお父さんがいる。
こんな最高のお父さんに、僕らはおもっきり愛されている。
そして僕らを召し、僕らのことを絶えず見てる。愛の瞳で、常に常に、大好きな我が子として、見てくれていて、
全ての祈りを、一語も逃さず聞いてくださる。そして、イエスの御名でみこころにかなうことを願う時、叶えてくれる。
愛する天のお父さん。
超最高の天のお父さん。
世界一、宇宙一最高の天のお父さん。
うるとらスーパー素晴らしいイエス。
今、僕は恋愛中。遠距離恋愛しています。❤️😆
いや、もしかしたら一つかも。でも、本当にこの目でリアルに、イエスとあって、思っきしハグする日、来るんだ。
イエス様、大好きです。パパ、ありがとう!!!❤️❤️❤️❤️❤️


私の愛する方は、私に語りかけて言われます。
「わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。」
雅歌2:10


花婿が花嫁を喜ぶように、あなたの神はあなたを喜ぶ。
イザヤ62:5

素直であること。神様は真実な方。大学入試の提出課題。今週のシェア!

久々の投稿。
なんだか、主の愛をやっぱり何度言っても素晴らしいから、それ、今日も書こっと。
まぁ、それしか書くことなんて、ないんだよね、ほんとに、神様は素晴らしすぎる、それ一言に尽きるから、ずっとずっと、主をほめたたえて証ししてきたい。

今日はついに、大学入試の課題を提出し終えて、めっちゃ開放感。
やばい、ほんまにハレルヤ。なんか、小論文と英語の提出の課題が思ったより、大変で何回も書き直して、2週間ずっと、パソコンの前で取り組んでたって感じする。やりたいことがあっても、思うように進まなくて、辛い日もあったけど、ただ、神様に依り頼むことを、さらにさらに教えてもらった。
イエス様は、なんでも聞いてくれる。どんなことでも、気にかけてくれる。
最近は箴言を読んでいて、そこからすっごく教えられているんだけど、特に今週、自分の中でビビッときてるのが、神様の前に素直になること。そして、神様の前で謙遜になって聞くこと。
どんなことでも、神様の前に素直に正直に話して生きていくことを主は本当に僕に願ってる。聖徒一人一人にも。
正しい者、って箴言では言われてる。正しさっていうのは、主の前に、心を注ぎだして、全て主に打ち明けて、ただただ、主のみことばに信頼していくことだと思う。
先週、「神様!!」って祈りながら、嘆いている自分がいた。
神様を信頼しないで、神様!!ってつぶやいて、疑っているイスラエルの人々のようだなって思った。
でも、モーセは、神様に信頼して、神様!!って祈ってた。
どっちも、祈ってる。だけど、信頼してるのと、信頼してないのでは、全然違う。
自分の感情は、コロコロ変わるけど、主のみことばは永遠に変わることのない、真理のことば。
だから僕は、聖書のことばに、信頼する。
聖書が、「あなたは義だよ、もう、イエス、私によって完全に聖いんだよ、ただ、恵みなんだよ!」って言ってくれるなら、信じれなくても信じてきたい。自分の感情とか突き破って、ただ、聖書のことばだけが、正しいんだ。
そして、主のみことばに信頼して、叫ぶ。
信じます!!って。そして、ただただ、神様の前にもっともっと、出て行って、真っ向から、おもっきし、そして、祈っていったら、神様はマジで現れてくれる。答えてくれる。はっきりと、リアルに語りかけてくれる。
イエス様の声を聞いて、その、あり得んくらいたまんない、さいこーの臨在の中で愛をかみしめながら、圧倒的な主の愛に包まれて過ごす日は、半端なく、楽しい。まさに、幸せ。本気で、喜びがなんか、内側から溢れてきてにやけがとまんない。ああ、もっともっと、主のすばらしさを味わっていきたい。
うん、マジサイコー。(≧∇≦)ぱねぇ。笑

箴言に、「知恵のある人は力強い。知識のある人は力を増す。あなたは優れた指揮のもとに戦いを交え、多くの助言者によって勝利を得る。」っていうところがあって、おととい、この箇所見てたら、主が、すぐれた指揮官は私だ!って言ってる感じして、祈って、主に聞いた。
そしたら、イエス様、聖霊様でもある、彼が、優れた指揮、を本当に教えてくれた。
主に、「今日の1日、どういうスケジュールで進んでいったらいいですか?めっちゃ課題があって、あと二日で提出日なのに全然進んでないんです、お願いです、教えて下さい、あなたに信頼するもの失望しないからありがと」って祈ったら、何時から何時は、この課題やって、そのあと、何時から何時はこうやってやって!って聞いたら細かく教えてくれて、そのまんまメモって、それどうりに主とやっていったら、めっちゃめっちゃはかどって、そして、夜の12時まで課題をやるように主に言われたんだけど、ちょうど、夜の12時になったら、ぴったり一つの課題がクリアできて、「うわあー!!やべー」って感じだった。ほんまに、主はやばい。最高すぎ。今日は午前中に課題を提出し終わって、昼飯のあと今日会のクリスマスのポスター作って、午後3時から、すべてが解き放たれたフリーーーーー!!!ってかんじで開放感と共に、賛美してたら、ほんとに主を感じて、自分の、思いを、ただただ正直に主の前に言って歌って、祈ってく時に、神様はほんとに、愛を注いでくれる。夕食後も、イエス様とのデート。笑
イエス様と過ごす時間は、素晴らしすぎる。イエス様、ほんまに最高。
主の愛は、永遠に止まらない。主の愛は、溢れてる。神様は、真実な方。正しい方。
神様は、ひとりひとりのことを、どれだけ愛しているかというと、わかんない、もう、わかんないくらい。
とにかく神様は、声を、聞きたいと思っている。
とにかく、神様は、すなおな人が大好き。正直に、なんでも、話してほしいって、神様は思ってる。
かみさまは、自分の作った、自分の子供だって、思ってる。最高傑作、愛する子だって。
そして、全能のなんでもできる、偉大な父である私に、なんでも話して頼ってほしいって、思ってる。
主から離れてるように感じても、主を呼ぶ時に、主はいつも、すぐそばに、いてくれる。
そして、主を心から叫ぶ魂に対して、主は必ず、答える真実な方。
この文章を読んでいる方のうちに、神様が力ずよく働かれますように。

神様との関係のこと

神様との関係のこと。
書かずにはいられないくらいの、素晴らしいものだから、ぜひ、たくさんの人に知ってもらいたい。
僕がこれから書くのは、想像もできないほど楽しくて、嬉しくて、僕の心の中を、いつも満たしてくれるもの。

”私たちの交わりとは、御父および御子イエス・キリストとの交わりです。”Ⅰヨハネ1:3

僕は天の父なる神様と、イエス様と、親しい関係を持っていて、
それはすっごく素晴らしいのでみなさんにぜひ、シェアしたいです。


”永遠の愛を持って、私はあなたを愛した。”って、
神様は僕に、そして、世界中のすべての人に対して神様は言っています。。
神様は、人間の知ることのできる領域をはるかに超える愛で僕を、すべての人を愛しています。
そして、神様は、ひとりひとりとめっちゃ親しい関係を持ちたいって本気で思っていて、
神様は、どんな悩みでも、どんな不安でも、わかってくれる。
どんなにちっちゃなたいしたことのないようなことでも、神様は心配してくれ、
神様は、僕が、そしてすべての人が心配しないで生きてほしいと思ってる。
神様は、心配があれば、すべてを打ち明けて私に話してほしいって、
いつも平安な心で、いつもハッピーな心ですべての人が生きてほしいって本当に、思ってくれてる。

”何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもって捧げる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリストイエスにあって守ってくれます。”

僕は一年前、アメリカに行った時すっごく辛かった。
日本語が聞けなくて、英語がわかんなくて、初めての海外だったから1週間を過ぎたあたりにどうしようもない孤独感にかられて泣いていた。だけどそんな時に、神様にその苦しさを神様に打ち明けて話した。
自然の中に入っていって、ノート持って、そこに、自分の思い、苦しいこと、全部の思いを、神様に書いた。
そしたら、言葉に表せないような、平安な思いが、僕を包んで鳥肌が立って涙が止まらなかった。
神様が、僕の祈りを聞いて、愛してくれていること、そばにいることを感じた。
聖書の中に、”私は決してあなたを離れず、あなたを捨てない”っていう言葉がある。
神様は、絶対に、僕を捨てることはない。そして、神様は絶対に、僕を離れることはない。
なぜなら、神様の言葉、聖書の言葉は、すべてが、真実だから。すべてが、本当。
神様の言葉は、すべて正しいから、僕は神様の、聖書の言葉に信頼する。
今までの人生で、18年しか生きてきてないけれど、神様は絶対に存在し、神様はいつも真実だった。
僕は、神様のことを、多くの人に知ってもらいたい。
僕の何よりも愛する、イエス様と、天のお父さんのことを。
イエス様は、僕のすべてで、イエス様よりも最高の方はいない。
イエス様は、僕の中に生きている。そして、イエス様は、イエス様を信じるすべての人の心の中にいる。
”この奥義とは、あなたがたの中におられるキリスト、栄光の望みのことです。”
栄光のホープ、イエス様が、僕の、そしてイエス様を信じるすべてのクリスチャンたちの中に住んでる。
そしてイエス様は、僕のことを、すべての人を死ぬくらいに愛してくれてる。
僕は一日の中で数えられないくらい、神様に祈ってる。そして、心の中のすべてを打ち明けてちっさな心配も、なるべく話すようにしてる。

”主はよこしまな者を忌み嫌い、直ぐな者と親しくされるからだ”って箴言3章の32節にあるんだけど、
神様に正直になんでも話していく人に、神様は親しくしてくれるっていうこの御言葉を僕は体験していて、ほんとに好き。
神様になんでも祈るようになってから、僕は神様の声が聞こえるようになった。
その声は、僕の心の中に、響いていて、僕を平安と喜びと愛で包み込んでくれる、イエスさま、天のお父さんの声。
僕は主イエス様と、天のお父さんと、実際に話す。
そして、ありえないくらい、神様の声は愛で溢れてる。
僕は、この天のお父さんと、イエス様と話す時間が楽しくてたまらない。
毎朝、そして夜寝る前も、あと時間があるときはいつでもこの神様と話す時間持ってる。
この神様の声は、すべてのイエス様を信じる人が聞くことができる。
この神様との親しい関係は、すべてのイエス様を信じる人が持つことができる。
そして神様は、この親しい関係を、すべての人と持ちたいと心の底から思っている。
イエス様を信じる人の中には、聖霊がいる。
”神はまた、確認の印を私たちに押し、保証として、御霊(聖霊)を私たちの心に与えてくださいました。”
聖霊は、僕に、すべてのことを教えてくれる。
聖霊は、僕のうちにいる、イエス様のことでもある。
そして、このすごい方に話しかけるとき、神様は聞いてくれる。
ぜひ、イエス様を信じていない人は信じてほしい。”イエスさま”って呼ぶ人は誰でも救われる。
”主の名を呼ぶ者は、みな救われる。”

イエスさまを信じてて神様と親しい関係を持っていない人は、
イエス様に祈ってイエス様との関係を求めてなんでも心のうちを打ち明けて話していってほしい。
”民よ。どんなときにも、神に信頼せよ。あなたがたの心を神の御前に注ぎ出せ。神は、われらの避けどころである。”

そして、聖書の中に、書いてあることはすべて真理で正しい。
そこには、神様が、イエスさまがあなたに望んでおられること、神様の願いと計画が詳しく書いてある。
そしてそれを行う力をイエスさまに助けを求めて祈ると力をくれる。
求めて、求めて、求めて。
イエスさまだけを求めて、祈ってほしい。
とにかくイエスさまとの親しい関係は、麗しい。素晴らしい。ありえないくらい、信じられないくらい楽しい。
マジで最高。僕の心の奥底の魂からの叫びを主イエスさまは優しく聞き、慰めてくれる。迷っていたら励まし、強い心を僕に与えてくれる。イエスさまは、どんな時でも愛してくれる。”豊、愛してるよ!!共にいるよ、大丈夫、聖なる者だよ、義人、愛する、私の友、私の御心を行う私の愛する子。大丈夫、愛してる。一緒だよ。私が私の栄光表すから、すべて益とするから、何も心配しないでいいよ^^”って。
本当に大好き。イエスさまが好きすぎてやばい。
まじでほんとに何物にも変えられないくらいすごいから、ほんとにみなさんにお勧めします。
イエス様を求めて祈ってほしいです。
神様はすべての人と親しい関係を持ちたいとめちゃめちゃ思っていて、そんな関係持ちたかったからイエス様を地上に送って十字架刑でイエス様を犠牲とした。それは、イエス様を信じるすべての人の罪を完全に赦して神の子供とするためだった。イエス様を信じる人は、神様のことを、天のお父さんと、よべる関係にしてくれた。僕が、天のお父さんって言っているのは、僕が、イエス様を信じていることによって神様の子供であるから。
イエス様を信じている人はみんな、神の子供として生きる権利を持っています。だけど、その権利を持っていて、神の子として生きる権利があるのに、神の子として生きるのではなく、神様を自分のお父さんとして信頼して歩んでいないクリスチャンがめっちゃいることが、すごく悲しいです。最高の神の子としての権利があるというのは、すごいことです。
ぜひ、神様の子供として生きてみてください。御子、イエス様の御霊は信じるクリスチャンすべての人の内にいます。
そして、イエス様との関係を、持てます。罪を犯した時、”やめろ!!”って囁いているのは、聖霊の声です。
その、心の中に囁く聖霊の声、イエス様の声に敏感になって、心の耳をそばたてて、聖書の御言葉を神様の御心はなんなのかを祈り求めながら読み、すべての生活の中で、実践していってください。神様の言葉に信頼して行動し、主を、絶えず求めて、主を心を、思いを、力を尽くして愛して祈り呼び求めていってください。神様は、求める人には、必ず答える誠実な神です。そして神様の一人一人への愛情は、言葉にできないほど大きく、深く、涙と、叫び声を上げ、身を捨てて、あなたに、今、この瞬間も語っています。あなたのことを神様は、抱き絞めて、キスして、神様の計画された最高の人生を生きてほしいと熱望してます。あなたのことを、すべての人を作られた全能の神は、あなたのことを知り尽くしています。
呼び求めてください。ただひとりの主、イエス様を。

”主よまことにあなたをいつくしみ深く、赦しに富み、あなたを呼び求める者すべてに、恵み豊かであられます。”

”このキリストのうちに、知恵と知識との宝がすべて隠されているのです。”

”あなたがたは、このように主キリストイエスを受け入れたのですから、彼にあって歩みなさい。キリストの中に根ざし、また建てられ、また、教えられた通り信仰を堅くし、溢れるばかりキリストにおいて感謝しなさい。”

”永遠の愛を持って、私はあなたを愛した。”

”私の目には、あなたは高価で尊い。私はあなたを愛している。”

”私があなたがたに命じることをあなたがたが行うなら、あなたがたは私の友です。”

”神、その道は完全。主のみことばは純粋。主はすべて彼に身を避ける者の盾。”

”いつまでも主に信頼せよ。ヤハ、主はとこしえの岩だから。”

財布なくして見つかる話

神様の力は、すごい、ほんまに、すごい。
今日も、体験した。
ああ、神様の素晴らしさって、その愛って、どんだけでかいんだろうって思う。
確かに、神様は豊のことをめちゃくちゃ気にかけてくださっている。
そして、主を愛する聖徒たちを、めちゃめちゃに、気にかけてるんだ。
常に、最高のもので僕らを満たしたいと思ってくださっていて、僕らが主に頼る時、その最高のもので溢れさせてくれる。

昨日財布をなくしてから、いろんなところを探した。
自分の部屋や、家の中、車の中、教会の中、キャンプ場の外も。
だけど、見つからなくて、結構焦ってきた。
財布の中には、6千円入ってる。あと、クレジットカードに保険証、ギターのピック。
神様に祈ったら、”いつも喜んでいなさい、すべてのことについて感謝しなさい。”って言葉が、頭に流れた。
あと、”神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私達は知っています。” ”神にとって不可能なことは一つもありません。”
焦っても、神様に助けてって祈ると、み言葉を心に与え、人のすべての思いにまさる平安で、神様は心を守ってくれる。
だから、大丈夫なんや、神様は、絶対これも益としてくださるって感謝して祈ってた。
でも、1日経っても見つからないと、やっぱ結構へぼいんだね、自分って。
神様に感謝して祈る祈りが、神様、早く見つけさせてよって文句っぽくなってくる。
自分で感謝したいと思っても、できない。だけど、神様に自分はマジ弱いです、助けってって、祈ると、神様はまた、力を与えてくれて、御霊で満たし、感謝する心を僕のうちに作ってくださる。
そんなことを考えながら自分弱いけど、神様にパワーもらって、感謝して祈って車の座席の下見たら財布があって。
ああ、主よ感謝します!!!!!!!!って本当に、主は素晴らしい。
こんな財布なくすこともみ言葉どうり益として主に頼ることを教えてくれた。
もっともっと、いつもいつも、自分の弱さ正直に常に主に言って、そして主からサイキョーのパワーもらっていつもイエス様でいっぱいに溢れてたい!!!
そして、やっぱ、神様の恵みの波は、主に信頼すればするほど、大きく、強く、高くなってくる。
今週の日曜からあった小学生キャンプも、神様のみわざに感動した。グループの子達みんな、イエス様信じて、鳥肌立って震えた。そして、みんな賛美が大好きで賛美をグループのへやでしてたら、飛び跳ねて叫んで踊って賛美して声がうるさすぎたから他のグループの邪魔にならないように外に行って賛美した。小学生の、純粋にイエス様を心から信じてる信仰が、ほんとに透き通ってるようにピュアで、たくさんのことを教えてもらった。
”幼子のように素直でありなさい。” ”神の国はこのような者達のところです。” ”鳩のように素直に…”
ある6年生の女の子が言ってた。”私は、主から渡されて生まれてきたから、悪いことをしたくない。どうか、守ってください。”って。ああ、なんて、綺麗な信仰なんだろうって思った。僕も、この子みたいに、主を何よりも大切にしていきたい。僕は、自分のものでは、ないんだ。このゆたかは、主のもの。
神様は僕らにどんだけすごいものを与えたいと思ってるんだろう。どんだけ、どんだけ愛して気にかけてくださっているんだろう。ああ、もっともっと、主の愛を知りたい。主の恵みの波に委ねのまれ溺れ、主と共に最高の臨在の中で喜び楽しみ感謝で溢れながら、愛で溢れて仕えながら、天に宝を積んで天のお父さんの栄光のために生きる日々って、なんてすごいんだ、もっともっと、弟子となりたい。もっともっと深みへ行きたい。あなたともっともっと力ずよく繋がって、最高の親友イエスと、いっつも溢れさせてくれるほんまにサイコーの御霊と、世界一素晴らしい、偉大なパパ。感謝します。イエス様!(≧∇≦)
ぐっないと!寝てる間も、In Love.... Yeah!!!




プロフィール

lovejesusyutaka

Author:lovejesusyutaka
イエス様のことが大好きです*(^o^)/*
大学2年生で兄弟が8人います!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR