誰でも私について来たいと思うなら

来年度はゆっくり静まれる個室の、しおん寮に移ろうと考えていたのだが、昨日の朝、男子寮長から、男子寮に残って共同体長として男子寮のフロアで仕えてほしいと連絡が来た。
必要とされていることに対しては嬉しかったが、本当はしおん寮に行きたかった。
それで、神様に祈った。
どっちに行く事があなたの御心でしょうか?
豊、男子寮に行きなさい、
と、御霊が心に語ってくれた。
だけど、ハッキリとした確信を得たかったので、本当にあなたが男子寮に行く事を願われるのでしたら、みことばを通してハッキリと示してください。と、祈った。そして祈りのすぐ後に、みことばを読んだのだが、そこには、こうあった。

誰でも、わたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を背負い、そしてわたしについて来なさい。

神様に、僕はあなたについて来たいと思います。でも、自分を捨てるとはどういう意味ですか?
と聞いた。
そしたら、ゆたかにとって、自分を捨てるとは何?と聞いてきた。
僕にとって自分を捨てるというのは、行きたかったしおん寮に行くのをやめて、男子寮で仕える事だと思った。あと、韓国語を毎日しっかり向き合い勉強する事。
そして、自分の十字架を背負うとは、どういう意味かも聞いてみたら、
自分にとって、一番苦しい事は何かと、聞かれて。僕にとって苦しいと思うことは、男子寮の共同体長だ。朝起きるのが一番キツイ。共同体長は早く起きて掃除の前に共に集まらなければいけない。それは、まさに十字架に思えた。そして、理解できない韓国語の学びでもあると思った。勉強はしたくないが、マスターしたい。自分の十字架を背負い、イエス様について行くなら、その苦しさの後に、栄光が待ってること教えられた。
どの道に進めば良いか迷う時、
神様に祈ると主は御心の道を示してくださる羊飼いなる主。栄光永遠に最高のイエス様にありますように!


誰でも私について来たいと思うなら、
自分を捨て、自分の十字架を負い、
そして私について来なさい。
マタイ16:24

自分の命を救おうと思う者はそれを失い、
わたしのために命を失う者はそれを見出すのです。マタイ16:25

人の子は、やがて父の栄光を帯びて御使いたちと共に来ます。そしてその時には、それぞれの行いに応じて報いをします。
マタイ16:27
スポンサーサイト

神は混乱の神ではなく、平和の神なのです。

異言の解き明かしの賜物を与えて下さいと、何年も前から神様に祈っていた。そして、先週も祈っていた。そしたらなんと、今日ある兄弟と食事をしていて、彼が話していた。

今日、もし良かったら一緒に祈りませんか?
異言で解き明かしを神様にしてもらいたいです。と、、、彼は神様が異言の解き明かしを通して、来年度の実習教会をどこにするのか、道を示してくださるように求めていた。
異言の解き明かしなどした事は無かったけれど、すごい信仰だと思った。やってみたい!と。夕食後2人で祈った。その前に、聖書を読んだ。

だれかが異言で語るのであれば、2人か多くても3人で順番に行い、1人が解き明かしをしなさい。第1コリント14:27

そして、1人3分づつ異言で祈る事にした、もしも祈りの中で聖霊様が心に何かを語ってくださったなら、分かち合ってみよう!と。そして、じゃんけんして豊が勝ったので、まず始めに異言で祈った。その中で聖霊様が心の中に彼の事について語ってくれてる感じがしたことがあって、それを分かち合った。すると、彼も、祈りのうちで、豊が預言するから待ってなさいと、いってる感じがした、と。。
おぉ!
それから、彼が異言を語る番になった。
僕は、異言を聞きながら、神様にどういう意味ですか?と祈っていた。そしたら、聖霊様が心に語りかけて語ってくれた。

わたしは彼を本当に祝福したいと思っている。この教会に行きなさい、とは、私は言わないよ。わたしは彼に決めてほしいんだ。
どっちに行きたい??

と。それを主が彼の異言を聴いてる時に、心に語ってくれてその事を分かち合った。そしたら彼が、あぁ!!って。
実は僕もさっき、その事を神様に全く同じ事を語られてたんです!って。
一緒に祈る前に外で歩いていて、神様に、どこに行くべきか、何を選んだらいいですか?と、神様に聞いていたらしい。そしたらその祈りの中で心に、どっちに行きたいの?と聞いてくれてる感じがしていて、でもこれは自分の思いかもしれないと、思っていた。だけど、この祈りを通して、ハッキリと神様、教えてくれた、こっちに行きます!と。
おおおおお!!!!やばい!!!!!!
まじか!!!!!!2人で、同じ事を語られること神様に、聖霊様に感動して興奮した。

神は混乱の神ではなく、平和の神なのです。
第1コリント14:33

本当に神様は、平和の神であり聖霊様は同じ事を語られるのだと、驚き、神様のみわざを2人で感謝した。

預言する者たちも、2人か3人が語り、他の者たちはそれを吟味しなさい。
第1コリント14:29

聖霊様が語られる時、それは、自分の思いかもしれないと思ったりもする。だけれど、それは吟味されるべきもので、神様は、平和の神であり、2人に、全く同じ事を語られる!
神様は混乱の神じゃない。平和の神!同じ事を語ってくれる!!!やばーーー!!!

僕は高校1年生の時マクドナルドでアルバイトをしていた。そしてバイトに行く途中で自転車をこぎ坂を登りながらいつも神様に祈っていた。神様、ぼくを清めてください。って。そうすると、心の中に、いつも声が響いていた。

ゆたかはもうきよいよ、愛してるよ、共にいる、大好きだよ

って。僕はこの声は、自分の変な思い込みなのだろうか、それとも、神様の声なのだろうかと、疑問に思っていた。本当に神様が語ってくれている感じがしたが、そんな事を周りの人に分かち合ったら、変人とか異端とか言われると思って隠していた。だけど、聖霊様こんにちは、という本を読んでヨハネのみことばにであった。そこには、こうあった。

しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、わたしがあなたがたに話したすべてのことを思い起こさせてくださいます。ヨハネ14:26

と。聖霊様が、僕らにすべてのことを教えてくださる!!そして、みことばを、思い起こさせてくださる!!これは、聖霊様だったんだ!!と教えられた。

この方は真理の御霊です。…この方はあなたがたとともにおられ、また、あなたがたのうちにおられるようになるのです。ヨハネ14:17

僕らのうちにおられる真理の聖霊様が、僕らとともにいて、うちにいてくださる!そのお方が、教えてくださる!!

でも僕は最近まで、疑問があった。
聖霊様が心に語りかけてくださる時、それは、本当に真理なのだろうか?という事だった。確かに、自分の思い込みだという事もある、と思っていた。でも、この箇所が確信をくれた。

しかし、あなたがたのうちには、御子から受けた注ぎの油がとどまっているので、だれかに教えてもらう必要はありません。その注ぎの油が、すべてについてあなたがたに教えてくれます。それは真理であって偽りではありませんから、あなたがたは教えられたとおり、御子のうちにとどまりなさい。
ヨハネの手紙第1 2:27

僕らのうちには注ぎの油なる、聖霊様がとどまっておられて、すべてについて、僕らに教えてくださる。それは、真理であって、偽りではない!そして、その聖霊様に教えられたとおりに聞くとイエス様のうちにとどまれる!!信仰は聞くことから始まる。御霊に聞くことから。聖霊様は真理の御霊。知恵と啓示を与える!そして、それは真理である。僕はみことばを読むときに、いつも、ノートを出して、聖霊様に祈る。

聖霊様、真理に導きください、教えてください、栄光から栄光へあなたの姿に造り変えてください、イエスの御名でお願いします、と。

そうすると、本当に聖霊様はゆたかに語りかけてくださるので、教えられたことをそのままノートに書いている。

しかし、その方、すなわち真理の御霊が来ると、あなたがたをすべての真理に導いてくださいます。御霊は自分から語るのではなく、聞いたことをすべて語り、これから起こることをあなたがたに伝えてくださいます。御霊はわたしの栄光を現わされます。わたしのものを受けて、あなたがたに伝えてくださるのです。ヨハネ16:13,14

聖霊様がイエス様の栄光を現わされる。
そして聖霊様が来ると、僕たちをすべての真理に導いてくださる。イエス様から聞いたことをすべて語り、これから起こる事も伝えてくださる。

主は御霊です。御霊のあるところには、自由があります。コリント第2 3:17

とあるけれど、僕たちの主は、聖霊様。
イエスの御霊。イエスの聖霊様!

私たちはみな、覆いを取り除かれた顔に、鏡のように主の栄光を映しつつ、栄光から栄光へと、主と同じ形に変えられていきます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。第2コリント3:18

栄光から栄光へと!!
イエス様の姿に変えてくださる聖霊様!!

あなたがたが子であるので、神は「アバ、父よ」と叫ぶ御子の御霊を、私たちの心に遣わされました。ガラテヤ4:6

僕らは神の子であり、ぱぱ!お父さん!と叫ぶ、イエス様の聖霊様を、僕らの心に遣わされた。そして、主は、わたしの羊飼い!

私は言います。御霊によって歩みなさい。
ガラテヤ5:16

聖霊様が語られるままに、導かれて。

私たちは、御霊によって生きているのなら、御霊によって進もうではありませんか。
ガラテヤ5:25

聖霊様によって生きてる僕らは、聖霊様によって生きる。聖霊様が語られるままに。そのみこえを聞いて。御霊に導かれて!

私たちとの交わりとは、御父また御子イエス・キリストとの交わりです。
第1ヨハネの手紙1:3

この箇所、豊のお気に入り。
まじで大好き。笑笑
僕らの交わりって、天のお父さんと、イエス様との交わり!!交わりって、友達と話すみたいな感じ!!

わたしはあなたがたを友と呼びました。
ヨハネ15:15

僕らの友なるイエス様!
最高の御名を崇めて褒め称えます!

人が友のために命を捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません。
ヨハネの手紙1 15:13

命捨てて愛してくれた友。。。
その方は、昨日も今日もいつまでも変わらない。永遠に変わらない十字架の愛でこの瞬間も僕らを見つめ想い、知り、愛してくださる。共におられるインマヌエルの主。決して離れず決して捨てないで、右手を固く握って近くにいてくださる。そんな、イエス様!
聖霊様!お父さん!主は素晴らしい!
今まで、何年も祈り求めていた異言の解き明かしの賜物、主がくださった!!ありがとぱぱ!!

御霊の賜物が与えられている目的、
それは、みんなの、益となるため。
そして、みんなを建て上げるため。


皆の益となるために、一人ひとりに御霊の現れが与えられているのです。
コリント第1 12:7



あなたがたは、よりすぐれた賜物を熱心に求めなさい。私は今、はるかにまさる道を示しましょう。第1コリント12:31

愛を追い求めなさい。また、御霊の賜物、特に預言することを熱心に求めなさい。
第1コリント14:1

同じようにあなたがたも、御霊の賜物を熱心に求めているのですから、教会を成長させるために、それが豊かに与えられるように求めなさい。コリント第1 14:12

求め続けなさい。そうすれば与えられます。
マタイ7:7

私の助けは、天地を造られた主から来る

今朝読んだみことばで、
「私の助けは、天地を造られた主から来る。」とあった。そして、「主はあなたを行くにも帰るにも、今よりとこしえまで守られる。」ともあって。
神様が、豊のことを助けてくれるんやな、
守ってくれるんやなって思ってそのみことばを握って過ごした1日。
今日までの2,000字のブックレポートがあったのだけれど、午前中頑張って書いて、でもまだ終わってなかったから、今日は授業を休んで、書き上げようと思った。でも神様に、午後の授業行きますかね?と祈った。そしたら、主が、行こう!私がいるから。と言ってくださるので、課題がまだ書き終わっていなかったけれど、授業に行った。宣教学。
そして、授業中に神様が書かせてくれて、途中の休み時間までに、終えさせてくれた。それで、無事に提出させてくれて、本当に神様が豊のことを、いつも助けて守って、くださるんやなって、感じて嬉しかった。
その次の授業では、自分の心の傷について気づかされる授業で、今まで自分が人から受けた傷に気づかされて、苦しく心が重たくなった。人から傷つけられた傷について質問が沢山あって、自分の心のなかで、たくさん傷ついていた事を知った。そして、授業終わったら、この心、どうにかしなきゃと、向き合わなきゃと思ってトイレ行って祈った。
神様、めっちゃ、このように人から言われた事傷つきました。豊は、これもされてあれもされて、本当に傷ついています。。って。祈ってて、一人でトイレで号泣して、涙がファイルにポタポタしたたって。最近はよく泣いてる。神様が、聖霊様が僕の心の傷、取り扱ってくださってるんやな。それで、祈った後は、本当にすっきりして心が、めちゃくちゃ楽になって。嬉しかった。でも、夕飯を食べ損なって。部屋に帰ってからカップめん食べた。それから、スタディールームで久々に静まって。送らなければいけない溜まってたメールの返信したりして。疲れてしまって、すぐに寝ようと思った。9時くらいで。でもトイレに行ったら、トイレ掃除をしなきゃいけない事を思い出した。今日は掃除の日だった!朝はしてなかったから夜しないと。
疲れてたけれど、みことばが、心に響く。

小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。

って。それで、やる前、祈った。
神様、助けてください、あなたに対してやるように心からさせてくださいあなたの栄光のためにやらせてください。あなたが崇められ御国が来て御心行われるようにイエスの御名でお願いしますって。

そして、賛美しながらやっていると、なんだか、楽しくて。元気が出て来て。トイレ掃除をしてたら、寮の友達が来たりして、その一言で、励まされたり。
なぜだか、掃除した後は元気が出て来た。
それで、スタディールーム行って韓国語の勉強した。始めの母音のやつ。基礎の基礎の所。そしたら、友達が来て、

ゆたか、来ちゃった。

って。なんか、彼が本当に大好きだ。
神様がなんて素敵な兄弟を与えてくださったのか、本当に彼の事を考えると心に感謝が溢れて来る。主よ、感謝します!
そして、疲れちゃったよ、祈ってって。
祈ってもらって。

なんか、僕らはいつも沢山の課題を抱えている。山のような課題と、経済的な問題と、これから実習教会を決めなければならなかったり、将来の進路とか、わからない事が沢山あったり、神様が僕らにくれてる志や、やりたい事があったり、本当にびっくりちゃうくらいにヤバい事がいっぱいある。だけど、何があっても大丈夫。
神様が、僕らを助けてくれる。
神様が、僕らを守ってくれるから。

寝る前も同室者と祈った。
彼と話すといつも時間が飛ぶようにすぎる。
毎晩語り合って祈ると、何時間も経ってしまうので、今日は、お互い五分ずつ祈祷課題話して祈って寝ようと、タイマーをつけて話す時間を決めてやったのだけれど、それぞれ祈祷課題を五分づつ話した後に、お互いが、10分づつくらいも、祈ったもんだから、2人で結局20分も祈ってた!笑笑 計30分。やば。笑笑 それで、恵みが圧倒してたなと、感謝で溢れて来て。それで、このみことばから、神様のみわざを伝えたい、ブログも書きたいなって思わされて。

しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。それは、あなたがたを、闇の中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方のすばらしいみわざを、あなたがたが宣べ伝えるためなのです。
第1ペテロ2:9

素晴らしい神様のみわざを宣べ伝えるために、僕らを選ばれた種族、王、祭司、聖なる国民、神の所有の民としてくれた。。。
感謝します。賛美します。聖なる主の御名を心から崇めて賛美します。ハレルヤ!
主は、今日も素晴らしい!!!
ハレルヤーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!
イエス様最高!イエス様だいすきーーーー!!!イエス様最高すぎてヤバい💕
イエス様ーーーーーーー
さいこーーーー
はれるやーーーーー
ふーーーーーー!!!
いぇーーーいー!!!!
おやすみなさい。
このブログ読んでくださっている方一人一人の上に、今晩も明日も神様が圧倒的な恵みを注いでください。そして、主よ、あなたの祝福で覆い尽くしてくださいますように。イエスの御名でこのブログ読んでくださっている方を祝福します。人知をはるかに超えるキリストの愛で満たし、あなたの喜びで感謝で溢れて、あなたの御名がその方を通して大いに今この場で崇められ、最高の主が、讃えられますように。栄光永遠に、主の御名にあれ!
イエスの御名で祈ります。アーメン。
はれるや!!!!!!!!!!😄😆💕❤️

私の助けは、天地を造られた主から来る。
主はあなたの足をよろけさせず、
あなたを守る方は、まどろむこともない。
見よ。イスラエルを守る方は、
まどろむこともなく、眠ることもない。
詩篇121:2-4


主は、すべてのわざわいから、あなたを守り、あなたの命を守られる。
主は、あなたを、行くにも帰るにも、
今よりとこしえまでも守られる。
詩篇121:7,8

おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられます。

昨日の夜、神様に祈った。神様、明日実習教会に行きます。

交通費を教会でどうか与えてください。

そして今日、教会で礼拝の後、クリスマス会があった。

その後、交通費のことも忘れていて、電車に乗って大学に戻ろうとして外に出た時に、

愛する教会の人が完璧なタイミングで外から来て、あ、豊くん!渡すの忘れてた!ちょっと待って、と言って、

教会に戻り、交通費を出して渡してくださった。

交通費をもらった後、昨日の夜祈った祈りを思い出して

えーーん、って外で泣きだしてしまった。。笑 ちょうどそこに、友達が通りかかった。

今日、何回泣いてるんだろうか、神様すごすぎて最近よく泣いてしまう。

神様、本当に思ってくださって、祈りを聞いてくれていることに、感動した。神様やばいな。


主はいつくしみ深く、その恵みはとこしえまで。

その真実は世々に至る。詩篇100:5





今日礼拝のメッセージを聞いてたら、マリヤのところだった。

「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおり、この身になりますように。」ルカ1:38

このメッセージで牧師さんが言っていた。

「私は主のものであって、あなたのお好きなようにしてください、そう祈る時、自由と解放が起こる。

あなたの愛に、あなたの支配に、私をお任せします、あなたの自由に、好きなようにしてくださいと、

そういうなら神様は最高の思いを持って取り扱ってくださらないわけがない」

自分の計画ではなくて、神様の計画で生きることを選んだマリヤのように、

僕も神様の計画のうちに生きたいと思った。それで、祈った。

「私の人生をあなたのお好きなように、お使いください。」って。

「あなたのお言葉通りこの身になりますようにと、マリヤが祈った瞬間、主が共にいることを実感したと思う。

身を主に委ねた時、圧倒的な主の臨在がくる。

自分の存在を神様に投げ出して行った時、みことばに委ねて歩むなら、僕らは体験する。

ほんとうにみことばに信頼して、みことばに身を投げ出す時、神様を実感する。

恵みを実感するのは、主の言葉に信頼して実行する時。」

確かに。。。僕が今まで、神様を体験した時はいつも、神様のみことばに信頼して、

実行した時であったと、思わされた。そして神様に、礼拝の中で、

「主よ、豊もマリヤのように歩ませてください、私はあなたのはしためです、どうぞお言葉通り、この身になりますように。

信頼します、好きなように使ってください、伝えます、福音を、信頼します主よ、聖霊様助けそのように歩めるように、

あなたに不可能なことは何一つないことを感謝しますイエスの御名でお願いしますアーメン」と祈った。

すると神様が「豊、今日伝道しなさい。行こう、新宿へ、そしてホームレスの人のところに行こう。私がともにいる、福音を伝えるものよ。

豊、私についておいでね。どこまでも、豊、私についておいで豊、私がいるから、豊私がいるからついて来なさい、自分を捨てて十字架を負ってね」

と話してくださった。「主よ、全て捨てます、あなたに信頼してあなたに従います、あなたのお言葉通り、この身になりますように」

と祈ると、ブワァーーあああっとめっちゃ涙が出て来た。

礼拝の後、クリスマス会が午後あって、かなり疲れてた。それから、電車に乗って、神様、豊、疲れちゃいました。

でも、新宿、行きますか?と尋ねると、行ってごらん。豊は何もしなくていい。私が全てするからね。

と語ってくださったので、一応、新宿に行くことにした。そして、帰り道に新宿を通るので、そこで降りて、

いつもホームレスがよくいる駅の高架下の方に歩いて行った。主が、「私が示す人に、今日クリスマス会でもらった弁当と、伝道冊子を渡すように」と言われたので、

その示される人を探して、この人だよ!と言ってくれた人に、その弁当と、伝道冊子を渡した。

そしたらそのおばさんが、ありがとう!と喜んでくださって。主が、共にいて助けてくれたのを感じて嬉しかった。

ほんとうに、神様が共にいてくださっているのを感じて、全く恐れがなくて、平安な心で全てを行わせてくださった。

「おめでとう。恵まれた方。主があなたと共におられます。」ルカ1:28 

主が、共にいてくださるという、言葉に言い尽くせないような、安心感と平安があって、主がやらせてくれたという充実感でいっぱいになって嬉しかった。



全世界に出て行き、全ての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。マルコ16:15


だれでも、わたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。マタイ16:24


神にとって不可能なことは一つもありません。ルカ1:37






今日の午後のユースクリスマス会のメッセージで、「すべて疲れた人、重荷を負っている人は私のところに来なさい。

私があなたがたを休ませてあげます。私は心優しく、へりくだっているから、あなたがたも私のくびきを負って、私から学びなさい。そうすれば、たましいに安らぎが来ます。

私のくびきは負いやすく、私の荷は軽いからです。」(マタイ11:28-30)と語られた。

びっくりした。実はちょうど、昨日も、このみ言葉を考えていたからだった。

昨日のレポートで、この箇所について書いていた。なので、お、また来た!!って感じ。神様、この箇所から、何か語ろうとされてるんやな?!

実は最近、朝起きる時、喜びと感謝で希望に溢れて朝目覚めるのではなく、プレッシャーをいつも感じていた。

勉強やらなきゃいけない。早起きしなきゃ。デボーションしなきゃ。福音伝えなきゃ。と。しょっちゅう寝坊した。と、自分を責めてうまくいかない自分に失望して。

なんか、心が疲れていた。でも、神様がこの箇所から、疲れているんちゃう?わたしの元に来て、憩ってごらん!って、言ってくれて、

本当に、そうやな、と思わされた。最近神様の前でゆっくり静まって、色々話して打ちあけて歩まないと、すぐに僕は疲れてしまう。

最近特にそうだった。「主は喜びを持ってあなたのことを楽しみ、その愛によって、安らぎを与える。」ゼパニヤ3:17

神様は愛の神様で、安らぎを、憩いを、与えてくれる。メッセンジャーが言っていた。

「クリスチャンは、神様と共に歩むから、力がある。神様と共に歩むから、希望がある。愛が溢れてくる。

イエス様が自分の全てを背負ってくださる。神様が愛してる子供だよと言ってくださる、主が僕らを休ませてくださる」

心優しくへりくださっているイエス様が、「私の元においで。私のくびき負って私から学んでね。

そうすればたましいに安らぎが来るからね。愛によって、安らぎを与えるよ、」と言ってくださる、こんな自分を愛してくださる受け入れてくださる。

いつも、神様の愛の中に憩って歩んで行きたいと改めて思わされた。

めっちゃ弱いけどめっちゃ強い

今、新宿行きのバスに乗ってる。
今週の一週間、飛ぶように過ぎた。
主はどんなに弱い僕も、使ってくださる。
僕には、保育園の時からの、幼馴染の大切な友達がいて、どうしても僕の心の底から愛するイエス様を紹介したいと、願っていた。
だけど、勇気もなくていつも、最高のイエス様を伝えれない自分に落ち込んでいた。
そんな中、僕は12年住んでいた三重県の桑名市から大阪の能勢に引っ越して、それから今は、大学のある千葉県の印西市に移っていってた。桑名を離れて3年経って、久しぶりに昨日、懐かしい、故郷のような地、桑名に来て感動してた。
3年前、この公園で野球してたなぁとか、思って。友達とそこで野球したりした。

そして僕は、秋休みで、一週間あった。この一週間、僕は一人旅でもしたいと考えていた。
イエス様とゆっくり、一週間のデートをしたいなぁとか、色々考えてた。だけど、祈ってたら、桑名に行きたいという思いが来た。
心の底から愛する友達に、イエス様の素晴らしさをどうしても紹介したいと思った。そして神様が、何よりもそれをしなさいと、僕の心に言っている気がした。なので僕は秋休みに桑名の友達の家に行くことに決めて、バスチケットを予約して、行った。
まず初めは、神奈川の友達の家、東京の友達の家に泊めてもらって、それから静岡の友達の家に行って、それから行った桑名。
この旅に出る前に、教会の祈祷会や、クラスの祈祷会、祈りのリクエストをシェアできる機会があれば僕は、この桑名に住んでいる、僕の大切な二人の友達がイエス様のことを知ってもらいたいと、そのことをいつも祈ってもらっていた。
そして実際に桑名に行ったのだけれど、僕の心は感じていた。自分の恐れと、自分の勇気のなさをね。
僕は心の底から、この愛する友達にイエス様のことを伝えたいと思っていたのだけれど、僕は自分ではできないのを感じていた。
桑名に行って1日目に行った友達の家で、夜寝る前に話したいと思っていたのだけれど、話せなくて朝になってしまった。
僕は愛する兄弟に、祈りのリクエストを頼んだ。僕はちょっと焦ってた。伝えれなかったらどうしようと。
そして、朝起きて、トイレに入って神様に祈った。そして聞いた。どうしたらいいかわかんなくて、助けてくださいって。
そしてら神様は「大丈夫だ。私がすごいことする」って。そして食事の時に彼に神様が話させてくださった。
その後、めっちゃ感謝だった。最高の愛する友達と過ごせて、最高のイエス様が彼を愛してる真理を伝えれたこと。
僕の心は喜びでいっぱいだった。


そしてその日の夕方からはもう一人の愛する友達の家を訪ねた。彼が大学から帰ってくるのは遅かったのであまり話せなくて。
そして自分は疲れてしまっていた。だけど、1年ぶりにあったその友達といれるのは、本当に嬉しかった。
そして僕は、トイレに入って祈っていた。僕は、自分では伝える勇気がない。僕は、イエス様のことを話したくてしょうがないのだけれど、僕の心には、心配があった。泊まりに来たけれど、僕はイエス様のことを話せないで帰ってしまうのではないかと思った。
そしてまた、愛する兄弟に、お祈りをお願いした。僕は、イエス様を愛している。そして伝えたい想いは溢れている。そしてその友達を心の底から愛していて、どうしても、どうしてもこの最高のイエス様のことを知ってもらいたいという想いが溢れていて、今まで、何度もなんども神様に祈っていた。そして、ようやく念願の桑名の地に来て、最愛の友達の家で、僕は自分の心の中にある恐れと戦っていた。いつも、そうなんだ。イエス様に従いたいという願いはあるけれど、実行できない自分が僕のうちで大きくなるのを僕は知っている。そして、夜は疲れてしまって、先に寝てしまった。朝目が覚めて、布団の中にうずくまって神様に、祈った。
「どうしても、どうしても、あなたのことを彼に伝えたいんです。だけど、僕は勇気がなくて、伝える勇気もありません。どうかお父さん。僕を助けてください。どうしたらいいですか。」って。すると神様は僕の心に教えてくれた。電車の中で、話そう。って。彼と、電車で名古屋駅まで行くことになっていたから、そこで話せると思った。だけど、実際に行く頃には結構緊張してた。いつもだけど、心臓が高鳴る。だけど、僕が心の中で、駅のホームで電車を待っている時、神様は僕の心の中に、確かに語って勇気をくれた。神様が、僕の心の中に、語りかけてくれた。「豊。大丈夫だ。私が全てする。」って。「私が導く。私が彼の心に、私を知りたいという思いを起こしてる。私が彼を愛してる。」って。僕は、そんな神様の語りかけを心に聴きながら、彼と一緒に電車に乗った。どのように彼に、この僕の魂から愛するイエス様の素晴らしさを紹介したらいいのかと思いながら、彼と話していたのだけれど、彼の方から、キリスト教の話をしてくれた。そして、そのまま流れで、神様が僕の心に語りかけることを、話した。「私は信じた。それゆえに語った。」という御言葉があるけれど、本当にそんな感じだ。御霊に従って行く話し方。なんか、すごいよね。なんか、その時に、僕の心は喜びでいっぱいだった。今まで、神様が僕の人生にどんなことをしてくださったのか、神様の愛のストーリーを、分かち合うことができた。彼と一緒に過ごしてて、僕は嬉しかった。そして、神様がこんな勇気のない僕だけど、勇気をくれて、話させてくれた。

これって、信じられないくらい、僕にとっては、大きな神様のみわざなんだ。僕は、イエス様のことを、話す勇気がもともとない。
イエス様は僕のために十字架にかかるほどに愛して、僕を恋い慕ってくれているのに、僕を、魂から愛してくれているのに、イエス様のことを、まだイエス様を知らない大切な友達に話すのに、恐れを感じてるんだ。自分は、イエス様を恥じてるような歩みは絶対したくない。だけど、僕は実際に大胆に話す勇気がないんだ。そのまんまの自分は、何もできない。友達と話すことも、イエス様が助けてくれなきゃできない。だけど、イエス様のこと、話させてくれた。今まで何年も祈ってた友達に!そして、彼のために祈れて、別れて。
言葉に言い尽くすことのできない喜びか、僕の魂の底から湧き上がってきた。ああ。本当に、この秋休み、桑名に来てよかった、神様が本当に助けてくださって、こんな勇気もなく話せない僕だけど、やらさせてくれた僕を通して、イエス様が僕のうちで生きておられて、話してくださったのを体の底から、心の根元から感じて、神様の素晴らしさに感動した。僕にとっては、イエス様以上に誇れるものはない。イエス様は僕の人生を変えた。そしてイエス様のおかげで今の僕がいる。イエス様が居なければ、僕は死んでいたと思う。
イエス様は僕の救い主で、僕の罪悪感も罪も赦して消し去って、僕に永遠の命をくれた。僕の人生に、ありえない、言葉にできないような喜びをくれた。イエス様が僕を愛して十字架で死んでくれて、僕は自由になった。罪から。そして、お父さんである、最高の神様は、僕を愛しているあまりに、イエス様を十字架にかけてくれた。そして、神様は世界の基のおかれる前から、僕を、イエス様の十字架によって、僕を神様の息子にしようと、愛を持ってあらかじめ定めてくださっていた。そしてこの神様は、全宇宙を支配する、全世界の創造者、アルファであり、オメガである方。全世界の人一人一人を愛するあまりに、罪の中に生きている一人一人が地獄に行くのを、見てもたってもいられなくて、信じるものに、イエス様によって救いをもたらしてくれた方。神様は、僕の祈りを聞いてる。神様は僕のことを愛する我が子よ。って言ってくれる。大好きな大好きな息子として、僕を見てくれていて、いつも、神様の御心に叶う願いをするなら、聞いて叶えてくださる。今回のこの旅も。神様は全ての人が救われて真理を知るのを願っていて、僕の今回訪ねた最高に大好きな友達を愛して愛して、真理を知り、救われて欲しいと願っておられて、それが神様の御心だから、そのことを神様に祈ってたから、神様は、確かに、答えてくれた。神様は、素晴らしい。最高に良いものを、僕の人生に与えてくれるお方。こんな最高の神様だから、僕は伝えたくてたまらない。どうしても、伝えなきゃいけない。神様のイエス様の、素晴らしさを、僕はこれから一生、もっともっと伝えて生きたい。パウロのように、命かけて、伝えたい。僕は、でも、恐れやすいし、そんな勇気もないやつだって知ってる。
だけど、僕を通して神様がイエス様のことを全世界に伝えたいと願っておられて、それが神様のみ心であるなら、どんなに僕がチキンでも、大丈夫だ。神様に御心にかなう願いをするときに、超絶に弱い僕を用いて、全能の神様が働いてくださり、イエス様が僕のうちで生きてくださり、素晴らしいみわざをなしてくださる。そして、神様の福音は全世界に宣べ伝えられて、終わりの日が来る。イエス様が雲に乗って、栄光の最愛の最高の、僕の主であるイエス様が来る。そのやばい計画の中に、神様は僕を救い、入れてくれた。その計画を進めるために、用いてくださる。そして、僕が天国に行くとき、イエス様から「ゆたかーーーーーーーーーーよくやったね!!!」ってイエス様が思っ切り抱きついて栄冠をくれるのを、夢見ている。それを、目指して、目標を目指して、一心に走り続けたい。
僕は、正直に言うと、不安もあります。だけど、イエス様のどうしようもない愛から、僕を引き離せるものは何もないんだ。
どうしようもなく弱いけれど、どうしようもなく愛してくれてるお方がいる。
この心は、その愛のゆえに駆り立てられて今日の1日も、ここまで歩めた。
僕は人から褒められると、高慢になる。傲慢になって、自分はすごいと錯覚する。
だけど、真実は、自分のしたことをよく見てみると、僕がしたことは全て、僕がやったことではなく、神様が助けてくださってできたこと。神様が力となり、全てを行わせてくださる。「神によって、私たちは力ある働きをします。神が私たちの敵を踏みつけられます。」僕が救われたのも、神様の恵みのゆえ。全ては神様によること、イエスキリストの父なる神さま、賛美を永遠に受けるお方に、最愛のお父さんに、栄光がとこしえにありますように。



しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。
第二コリント12:9


神は私たちに、新しい契約に仕える者となる資格を下さいました。
文字に仕える者ではなく、御霊に仕える者です。文字は殺し、御霊は生かすからです。
第二コリント3:6


しかし、神に感謝します。神はいつでも、私たちを導いてキリストによる勝利の行列に加え、至る所で私たちを通して、
キリストを知る知識のかおりを放ってくださいます。
私たちは、救われる人々の中でも、滅びる人々の中でも、
神の前にかぐわしいキリストの香りなのです。
第二コリント2:14,15


「光が、やみの中から輝き出よ」と言われた神は、私たちの心を照らし、
キリストの御顔にある神の栄光を知る知識を輝かせてくださったのです。
私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。
それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものではないことが明らかにされるためです。
第二コリント4:6,7



「私は信じた。それゆえに語った」と書いてあるとおり、それと同じ信仰の霊を持っている私たちも、信じているゆえに語るのです。
それは、主イエスをよみがえらせた方が、私たちをもイエスと共によみがえらせ、あなたがたといっしょに御前に立たせてくださることを知っているからです。すべてのことはあなたがたのためであり、それは、恵みがますます多くの人に及んで感謝が満ちあふれ、神の栄光が現れるようになるためです。
第二コリント4:13.14


主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。
詩篇107:1


主よ。あなたは、ほむべき方。
あなたのおきてを私に教えてください。
私は、このくちびるで、あなたの御口の決めたことをことごとく語り告げます。
私は、あなたのさとしの道を、そんな宝よりも、楽しんでいます。
詩篇119:12-14

プロフィール

lovejesusyutaka

Author:lovejesusyutaka
イエス様のことが大好きです*(^o^)/*
大学2年生で兄弟が8人います!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR