あなたのすべての道で あなたを守られる

韓国について入国する前に、滞在先の住所を書かなくてはいけない紙があったのだけど、韓国人の友だちの家の住所を知らなくて、やばい!!!と思った。どうしよう、韓国に無事に入れるだろうか。
そこでみことばが心に浮かんで来た。

主があなたのために御使いたちに命じて、
あなたのすべての道で
あなたを守られるからだ。
詩篇91:11


このみことばを主が心に語ってくれて、
主が御使いたちに命じてすべての道で私を守るようにしてくださる事感謝しますと、祈って。そしていざ、入国審査の関税のところに行った。その滞在先が書いていない紙をそこにいた男の人に渡したら、あれ、ここ、書かないといけないですよ、と、言われて。
あ、そこ、わからないんです、友達の家の住所で分からないんです、と言ったら困ってて、それで、友達の電話番号かメールなど聞かれた。でも、それも分からなくて、インターネットよ繋がってないから友達に連絡できない事もつたえて、もし空港の出口まで行けば友達が待っているから教えてくれるかもと、言った。すると彼は、
日本語わかんないです、と、話して、
僕の目を見て、
ハイどうぞ、と言ってくれた。え?!
これ、書いてないんですけど。といったら、
I think it’s enough, because your friends house, I think! (私はこれで十分だと思う、友達の家だから、私はそう思う!)と!!
言って!!!快くスルーしてOKしてくれて!!主よ〜〜感謝します‼︎!ハレルヤ‼︎!って感じだった!!本当に主は御使たちを僕らの周りに遣わしてくれて、守ってくれている。

主の使いは 主を恐れる者の周りに陣を張り
彼らを助け出される。
詩篇34:7
スポンサーサイト

あなたの御思いは あまりにも深い

春休みに軽井沢に行って1週間くらい静まりたいと思っていたのだけれど、交通費と宿泊代が高くてどうしようかと悩んでいた。神様に軽井沢に行けるように祈っていたけれど、なかなか一歩踏み出せなかった。でも、賛美集会の時、一緒に食事をしていた韓国人の愛する兄貴が、韓国に来ることがあればいつでも来ていいよと言っていた。それで、軽井沢ではなくて韓国に行きたい!と思った。しかも、かなり安く韓国に行ける事を聞き、神様に軽井沢ではなく韓国に行きたい事を祈った。そして心に浮かんだのが、この箇所だった。

主を自らの喜びとせよ。
主はあなたの心の願いを叶えてくださる。
詩篇37:4

主を喜びとするなら、心の願いを叶えてくれると、ここには書いてある。主を喜びとするってどういうことかなと思い、イザヤ書に、安息日を守り喜びの日とするなら、その時主をあなたの喜びとするという箇所が心にリンクされた。

もし、あなたが安息日に出歩くことをやめ、わたしの聖日に自分の好むことをせず、安息日を「喜びの日」と呼び、主の聖日を「栄えある日」と呼び、これを尊んで、自分の道を行かず、自分の好むことを求めず、無駄口を慎むなら、そのときあなたは主をあなたの喜びとする。イザヤ58:13,14



僕は日曜日を喜びの日として、手帳に書いたりしていて、どうしても課題が溜まっている時も、このみことばを思い出して自分の好む事を求めないで、自分の道を行かないようにと、神様が語ってる感じがしていて、そのように歩む力を下さっていた。
僕自身、主を喜びとする事を祈っていて、もし神様の目にはそうでなかったとしても、それを求めているので、御心に叶う願いを主は叶えてくれるとあるので、僕は主を喜びとしてると受け取って、主が僕の心の韓国行きたいという願いを叶えてくれると思った。

それで、その韓国の兄貴に会って韓国行く事を話せるように祈り、Facebookのメッセンジャーで会って話したいと送ったのだけれどその日はなかなか返信がこなくて寝ちゃった。朝起きて、彼に話せるようにと祈り、シャワー浴びに風呂場に行くとちょうど彼がいて!!なんというタイミング!!!主よ!!!感謝します!!!って感じ。それで韓国に帰るときに遊びに行ってもいいですか?と彼に聞いてみた。そしたら、大歓迎だよ!と言って下さって。。。さらにオススメのフライトを教えて、その便も調べて送って下さった。

そしてチケット予約し、先週の月曜についた韓国。泊まるところも食事も備えられ、主がぼくの願っていたことよりも遥かに素晴らしい事をして下さったのを感じた。韓国人の愛する兄貴と韓国の京都と呼ばれるところに車で行く途中のサービスエリアで、トッポギ食べながら、彼が、「こんなとこで2人でトッポギ食べるなんて思ってもみなかったね、」と話していて、このみことばを思い出した。

私たちが願うところ、思うところのすべてをはるかに越えて行うことのできる方に、教会において、またキリストイエスにあって、栄光が、世々限りなく、とこしえまでもありますように。アーメン。
エペソ3:20,21

話が少し戻るのだけれど、
3月10日の賛美集会の後、ファミレスに打ち上げに行った時に、人数が多かったので、3グループに分かれて座らなければならなかった。その時に、韓国人の彼からを聞こうとしている直前で、彼と話したくて、グループ別れるためにじゃんけんする前に、彼と一緒に座りたいです、と心の中で主に祈った。
そしたら同じテーブルになって。
それが、韓国行きの話が始まりだった。

さらに、韓国人の彼からキリストの平安が溢れていて、僕もその平安を教えてもらいたいと思い、1ヶ月くらい前から交わりを持ちたいと願い祈っていたのだが、それも主は叶えてくれた。1年くらい前から韓国に行っていたいですとも、祈った事もあった。
神様は僕の祈りを確かに聞いて、答えてくれるお方である事を思わされ、嬉しかった。

主がなして下さっているみわざを車に乗りながら書いているとき、隣にその彼が韓国の賛美を歌っていて最高の主の臨在の中に浸り、神様の愛に感動した。

もう一つ神様のみわざがあって。
一度行ってみたかったキリスト教のかなりいい、ハンドン大学に韓国人の彼が友達に会いに行くために、僕も連れて行ってくれて、行ける事にもなった。昔その大学の紹介ビデオを見て、僕がTCUに入る前に、興味を持って調べていた時があり、いつか行けたらないいな、と思っていたのだが、まさかこんな形でいけるとは!!なんて神様の計画なのだろう!!!

韓国人の彼がそこであった友達は、僕の知ってる人でもあった。彼は僕が路傍伝道サークルに行くときに来てくれていた、神様に熱い男の子で、いつか話してみたいと思っていて。こんなところで会えるとは!!!
そして、


そのハンドン大学のカフェテラスで食後帰ろうと歩いていると、なんか見たことある友達の顔の人を見つけて、え?!?!まじか!!!!と思い、近寄って、彼の名前を呼んで声をかけてみた。
そしたら彼もゆたかくん!!!と言ってくれて!!
おおお!!!!!!!!!って。
彼は、ホームスクールをして育った友達で、昔何度かあった事があった。
こんなとこで会えるなんて!!!!!!!
考えてもない思ったこともない再会で
2人とも驚きたまげた。

韓国人の彼が、ハンドン大学から家に帰る前に、あなたの繊細な計画を感謝します、と祈っていて、本当に神様は、僕らのためにいつも、いつも、繊細な計画を立てて下さっているんこと、思わされた。

わが神 主よ
なんと多いことでしょう。
あなたがなさった奇しいみわざと
私たちへの計らいは。
あなたに並ぶものはありません。
語ろうとしても 告げようとしても
それはあまりにも多くて数えきれません。
詩篇40:5


家に戻ると、さっき会ったホームスクールで育った友達から、Facebookメッセンジャーにメッセージが届いていた。
祈りのリクエストが書いてあって、何か祈れる事あれば僕にもぜひ祈らせてくださいと、書いてあって、祈りのパートナーを、こんな場所で出会いで与えてくださった。
どんなに神様はすごい計画を持っているのだろうか。今日の僕の歩みも主は繊細に考え、思い、素敵な計画を立てて見ておられる。

主よ あなたのみわざは
なんと大きいことでしょう。
あなたの御思いは あまりにも深いのです。
詩篇92:5


主よ。
まことにあなたはいつくしみ深く、
赦しに富み、
あなたを呼び求めるすべての者に、
恵み豊かであられます。
詩篇86:5


主は私の羊飼い。
私は乏しい事がありません。
主は私を緑の牧場に伏させ
憩いのみぎわに伴われます。
主は私のたましいを生き返らせ、
御名のために私を義の道に導かれます。
たとえ 死の陰の谷を歩むとしても
私はわざわいを恐れません。
あなたが ともにおられますから。
あなたのむちとあなたの杖
それが私の慰めです。
私の敵をよそに
あなたは私のために食卓を整え
頭に香油を注いでくださいます。
私の杯は 溢れています。
まことに 私のいのちの日の限り
いつくしみと恵みが
私を追ってくるでしょう。
私はいつまでも 主の家に住まいます。
詩篇23:1-6



神は私たちをとこしえに導かれる

一昨日大阪に帰ってきた。大阪の実家に戻る前に、駅で祈った。
体が韓国での時間で疲れすぎてしまって、自分は愛もないし実家帰ったらどうしようと思った。
神様、愛がないです、体も心もボロボロです、と。
そんな時神様が御霊によって祈るように導いてくださって、山下駅に早めに着いたので15分くらい異言で家族一人一人のために祈った。異言で祈るといつも信仰が強められるのを感じる。
異言を話す者は自分の徳を高めます…” 
コリント人への手紙第一14:4
そして、異言で祈った日は奇跡が毎日の生活に溢れる事を体験する。パウロはみなが異言を語ることを願っていた。力と愛と慎みの霊が溢れ出す。しかし、異言は賜物だからみなが異言を話すわけではなくおのおのに異なった賜物を御心のまま与えてくれている。僕には異言を下さったので、それを用いていて祈ることを通して仕える時キリストの体が建て上げられていくと信じてる。より優れた賜物、何よりも一番最高の賜物、愛を求める人になりたいな。主よ愛を追い求める者とさせてください。そして御霊の賜物熱心に求めさせてください。そしてますますあなたの素晴らしさ教えてくださいイエスの御名でお願いしますアーメン。

それで、弟のために祈っている時、彼をあなたの愛で捉えてください、と
心の中で聖霊様が祈っておられる感じがした。そして6時半になりお父さん、下の兄弟が迎えにきてくれて。
そして家で家族と夕食を食べたり愛する兄弟と話したり。恵みを分かち合ったりしていて、体も心もボロボロだったのに、祈る時
本当に神様は心も体も強くしてくださることを思わされた。体が疲れていたから9時には寝ると伝えていたけど、
結局11時か12時くらいまでになってしまって。寝る前に祈らない?と聞いたら、弟と妹が祈ろう!!と言ってくれて3人で祈った。
そしたら弟が最近祈りの中でホームレスの人に何かしたいという思いがあり、そのことを神様に祈っていたら急に
次の日、行けることになったことを話くれた。そして伝道を最近したらしく、その時におばさんと話したことを話してくれた。
「いやー神様最高なんですよ」と、分かち合ったらしい。それを聞いて興奮した。神様はいつも僕の祈りを聞いてくれていることを感じたからだった。
祈っていると、弟が「僕たち3人を神様に命かけて仕える戦士としてください」と祈っていて、励ましと慰めを受け、魂は喜びの叫びを上げ、
その後シャワーを浴びながら神様が弟に力強く臨んでおられ彼を通して福音が伝えられている神様ご自身の素晴らしいみわざに
嬉しくてたまらなかった。僕はほぼ毎日、弟のために祈っていた。「人知を超えるキリストの愛を知り、イエス様の満ち溢れる豊かさにまで満たされていくように」と。
主は真実な方で、祈りを聞いてくださり、祈りに答えて、祈った一人一人に激しく臨み、働いてくださっている。
そのことを感じて励まされた。
そして僕自身も兄弟二人に祈ってもらった。僕は最近、神様の愛で満たされてやばい!!!というのが昔のように感じなくなってきていて、
いつも本当に神様と親しい関係で歩めるように、とお願いし祈ってもらった。僕が祈り、励ましを与えるつもりだったけれど、逆に励まされて。僕は祈るけど、僕も祈ってもほしい。片方だけ、愛しなさい。
じゃなくて、互いに、愛し合いなさい。
とあるから、愛して、愛してもらう。
このブログ読んでくださっている方にもぜひ、僕のためにお祈りしていただけたら感謝です。神様の人知を超える愛を知れるように。そして、始めの愛で神様と本当に親しい関係をいつも持てるように。よろしくお願いします!!

兄弟は、苦しみを分け合うために生まれる。

そして
弟が分かち合ってくれたの中に、もしも自分がクリスチャンの家庭ではなくてイスラム教とかの人の子供として生まれていたら、
イスラムの神を信じていたのかもしれない、と話していてそんなことを考えて一日悩んでいるときに詩篇48を読んで感動したこと話してくれた。そこにはこうあった。

48:14 この方こそまさしく神。世々限りなくわれらの神であられる。神は私たちをとこしえに導かれる。

本当に、この神こそ、まさしく神なんだって、思ったと、教えられたこと分かち合ってくれた。本当に、この方こそ、僕らの神。僕らをいつも一歩一歩導いてくださる、
真実な羊飼いなるお方。
両手繋いで三人で祈り合った後、このみ言葉思い起こした。

見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。
詩篇133:1


😭😭😭😭😭

わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである

さっき大阪CCCに行く前に時間があり梅田駅に着いたらまずトイレに入った。そして、神様に、今何かわたしに語りたいみことばがあればわたしに語ってくださいと、祈って、スマホのメモにメモっているみことばリストをスクロールさせて、ここだ!というところランダムに開けて開いたら、こうあった。

行って、「天の御国は近づいた」と宣べ伝えなさい。(宣言しなさい)病人を癒し、死人を生き返らせ、ツァラアトに冒された者をきよめ、悪霊を追い出しなさい。あなたがたは、ただで受けたのだから、ただで与えなさい。
マタイ10:7,8

やばい!!!!出てきてほしくないみことばが、出てきた。。神様、これを今僕に語りたいのか。。どういう意味か主に聞くと、こう言ってた。

ゆたか、天の御国は近づいたとね宣べ伝えるのだよ。宣言するのだ。そしてね、病人を癒してほしい。死人を生き返らせてほしい。ツァラアトに冒されたものを清めてほしい。そして悪霊を追い出してほしい。ゆたかは、ただで受けたらか、ただで与えてほしいんだ。主よ、わたしは、勇気ないです。でもあなたが、天の御国は近づいたと宣べ伝え宣言し、病人を癒して死人を生き帰らせ、ツァラアトに冒されたものを清めることを願われるのでしたら、悪霊を追い出すことを願われるのでしたら、ただで受けたからただで与えること願われるのでしたらあなたによりそうさせてくださいイエスの御名でお願いしますアーメン聖霊様あなたによってイエスの御名でお願いしますアーメン。

こんな会話をして。
そして、マクド行って時間過ごして。そしたらおばちゃんがきて、「混み合ってるから食事以外の人は席あけてください」と、
神様マジすか!
どこ行きましょう主よ?
いいから、ついておいで。
わたしがしめすと。。
それで、梅田駅のマクドを出て歩き始めた。
そしたら、ホームレスの人がいて、、
彼に話して、わたしが話すから。
と、そして彼のところに行き、少しのお金とCCCで使ってる伝道冊子のKGPをもってその人に渡した。そしたら、そのおじさんと話す事ができた。そして、話しているうちに、おじさんは、言っていた。こういうの、よくもらうんよ、キリスト教ね、わしは、キリスト教の神の子になるっていうのが分からん、そこが嫌いやねん、と、話していた。それで、神の子となる意味について、伝道冊子に書いてあるので少し一緒に読んでもらってもいいか聞くと、おっけーだった。それで、福音を分かち合う事ができた。おじさんに伝道冊子の中にあるみことばを読んでもらう中で、わたしの目にはあなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。というみことばを読んだとき、あ!!これ知っとる!!と言って、胸のポケットから鍵の入っているキーホルダーを出して、そこの中にみことばが書いてあるキーホルダーを見せてくれた。そのキーホルダーには手書きで、こうあった。

わたしの目にはあなたは高価で尊い。
わたしはあなたを愛している。
イザヤ43:4

これ、通りかかったお姉ちゃんにもらったんやで。と言っていて。ラブレターかと思ったけど、と。話していた。
あ!神様からのラブレターですね!と。
福音を分かち合えて。そして1時間くらいもそのおじさんと話せた。主が導き助けてくださり別れた後に、振り返って考えると、本当にさっき祈ったみことばの通りに、福音を伝えさせてくださったと、こんな勇気なかった自分が福音伝えせてくれたのは、ただ神様の助けによるなと、思わされて。
そしてCCCに行ったらちょうどメッセージで
弱さのうちに神様の力が現わされることを語っていた。

わたしの力は弱さのうちに完全に現れるからである。

というみことばから、僕らが自分の弱さを認めて神様に打ち明けるときに神様が弱い私たちを通して神様が働いてくれるという事を話していた。僕は本当に勇気なくて弱いけれど、それを神様に認めて打ち明ける時に神様でしかない方法でみわざをなしてくださるんだ、と教えられた。

主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。
第2コリント12:9

誰でも私について来たいと思うなら

来年度はゆっくり静まれる個室の、しおん寮に移ろうと考えていたのだが、昨日の朝、男子寮長から、男子寮に残って共同体長として男子寮のフロアで仕えてほしいと連絡が来た。
必要とされていることに対しては嬉しかったが、本当はしおん寮に行きたかった。
それで、神様に祈った。
どっちに行く事があなたの御心でしょうか?
豊、男子寮に行きなさい、
と、御霊が心に語ってくれた。
だけど、ハッキリとした確信を得たかったので、本当にあなたが男子寮に行く事を願われるのでしたら、みことばを通してハッキリと示してください。と、祈った。そして祈りのすぐ後に、みことばを読んだのだが、そこには、こうあった。

誰でも、わたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を背負い、そしてわたしについて来なさい。

神様に、僕はあなたについて来たいと思います。でも、自分を捨てるとはどういう意味ですか?
と聞いた。
そしたら、ゆたかにとって、自分を捨てるとは何?と聞いてきた。
僕にとって自分を捨てるというのは、行きたかったしおん寮に行くのをやめて、男子寮で仕える事だと思った。あと、韓国語を毎日しっかり向き合い勉強する事。
そして、自分の十字架を背負うとは、どういう意味かも聞いてみたら、
自分にとって、一番苦しい事は何かと、聞かれて。僕にとって苦しいと思うことは、男子寮の共同体長だ。朝起きるのが一番キツイ。共同体長は早く起きて掃除の前に共に集まらなければいけない。それは、まさに十字架に思えた。そして、理解できない韓国語の学びでもあると思った。勉強はしたくないが、マスターしたい。自分の十字架を背負い、イエス様について行くなら、その苦しさの後に、栄光が待ってること教えられた。
どの道に進めば良いか迷う時、
神様に祈ると主は御心の道を示してくださる羊飼いなる主。栄光永遠に最高のイエス様にありますように!


誰でも私について来たいと思うなら、
自分を捨て、自分の十字架を負い、
そして私について来なさい。
マタイ16:24

自分の命を救おうと思う者はそれを失い、
わたしのために命を失う者はそれを見出すのです。マタイ16:25

人の子は、やがて父の栄光を帯びて御使いたちと共に来ます。そしてその時には、それぞれの行いに応じて報いをします。
マタイ16:27
プロフィール

lovejesusyutaka

Author:lovejesusyutaka
イエス様のことが大好きです*(^o^)/*
大学2年生で兄弟が8人います!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR