自然パワーと恵み

今、公園の芝生に座って、白い三つ葉クローバーの花の上にとまってる蜜蜂を見ながら、そよ風に吹かれてる。美しい黄緑の芝生。堂々と立っている力強い緑の木々達。大きな光で圧倒的な存在感を示す太陽。水色から青色に変わる大空に、灰色と白の2色の雲が浮かんでる。楽しそうに飛び跳ねてる白と黒の犬を連れているカップル。鳥達がピいピいピいってあちこちから話してるみたい。鳥の会議か、じゃなかったら賛美してんのかもね、うん。笑 
お母さんが子供を呼んでる声とはしゃいでる子供の遊び声。走り回ってるかわいい8歳くらいの女の子の後ろに4歳くらいの小さな妹が笑顔で追いかけてる。ウォーキングしてるたくさんのおじさんとおばさん、子供を優しく追いかけて楽しんで笑ってる若いパパ。
なんか、めっちゃいいなー。笑
こんな美しい自然の中で、静かになって耳を澄ませ、あたりを見渡し、草の香りの中で、目を閉じて深く息を吸い込むと、自然を肌でリアルに感じる。この世界の美しさに、感動しちゃう。
こんな素晴らしい世界を作られたクリエイターが、俺も造ってくれて、ほんっとに愛してくれてる。
すっげぇ…
ほんまに、すっげぇ。ああ ありがとー、この鳥の歌声と一緒に歌うよ、天の父さん。
はっれるぅーやぁ!!すべては、あなたを歌う!あなたの恵みは、決して尽きずに、ナイアガラの滝みたいにどばぁあって、主を愛する者に、流れ落ちてる。
恵みが99あるのに、1の問題にココロを留めやすい。もっともっと、恵みにココロ留めて、
もっともっと、感謝であふれてきたい、感謝する理由は、感謝する対象は、めちゃめちゃあるし、すべてのことの中に、神様の愛がたっぷりと込められてるから!(OvO)
スポンサーサイト

キャンプ場の掃除の神様の計画

今日は能勢川キャンプ場に行って、掃除した。
ピクニックがあって、そこに行こうと楽しみにしていたのに、親に、
”今日は一緒に掃除しに行こう”と言われて、”マジかー”って思って悔しかった。
だけど、神様がゆたかに望んでおられることは、親に、心から敬い、従い、感謝し、喜ぶこと。
”神様、助けてください、あなたの望まれるその心を、親に心から従い、感謝する心を与えてください”って、祈って行ったら、キャンプ場で、いつもはいないのに、友達が来ていて、嬉しかった。
草取りの機械も借りて草を刈ってる時も、賛美しながらやってく喜び。
祈りながら仕事する楽しさ。たくさんの、神の家族と仕えるのは、いや、本当によかった。
たくさんの虫とも出会ったけど、なんか最近田舎の生活で虫を見すぎて、慣れてきた。もぅ、虫を見て叫ぶことはない。虫をも恐れない。笑 何も恐れない!w イエスさまが、主が、いつも、いてくださるから。笑

よーし!明日は、日曜日!!
能勢川教会で初の賛美リードもあるし!心から、心から、最高の主を、全力で、すべて捧げ、聖霊の賛美リーダーに頼って、おもっきし、主を、ほめたたえてくぞー!!(≧∇≦)
もっともっと、もっともっと、主の、愛の、大きさを、その、深さを、その、半端ない、ゆたかへの愛の大きさを知りたい、知っていきたい。もっともっと、あなたと近く、あなたと近く、行かせてください、イエス様、あなただけ、もっと、もっと、愛してます、主よ!!Yeah!!イエスさまサイコー!!!ハレルヤ!!!!I love you Lord!!!!!!!

真のアーティスト

昨日、自転車で外の景色を眺めていたら、
木が、目に入って、
木についている葉っぱがなんか、めっちゃすごいなーって、思ってw
こんな葉っぱを造った神様って、すっごいアーティストやなって思った。
しかも、こんな繊細な葉っぱが1000個くらいくっついてる木を、神様は造られたとか、
どんだけすっごい、アーティストなんだろうって、しかもしかも、その木が、
何千本と生えてる森を造られたとか、マジで、ほんとやばいよなって。笑
神様、どんだけすっごいアーティストなんだろうって、思った。
アーティストの中のアーティスト。
真のアーティスト。
自分は、葉っぱ、1枚も造れないけど、神様は、何もないところから、
こんなにすっごいものを造れる。
こんな方が、愛してくれていて、
こんな最高のアーティストが僕を造ってくれた。
すっごい、すっごい、事実、リアルなんだなーって、なんか、一人で感動しちゃって
家に帰るまでの自転車の坂道下りて、景色見ながら賛美した。
なんか、めっちゃ幸せ。
神様って、なんてこんなにもすごいんだろう!
プロフィール

lovejesusyutaka

Author:lovejesusyutaka
イエス様のことが大好きです*(^o^)/*
大学2年生で兄弟が8人います!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR